Domaine Françoise et Denis Clair  (Santenay & Saint-Aubin)

ドメーヌ フランソワーズ&ドニ クレール

Domaine francoise et denis clairDomaine francoise et denis clairDomaine francoise et denis clair

1986年、サントネに誕生した僅か5ヘクタールのドメーヌ・クレール。何世代にも渡りブドウの栽培に携わってきたクレール家ですが生産量の大半をネゴシアンに売ってきました。ドニは妻フランソワーズの出身地サントーバンの区画を買い足し、白ワイン用の畑を拡大してきました。商売っ気のない地味なドメーヌですが、良いワインを造ることで定評があり15ヘクタールの畑から造られるワインはアペラシオンの特徴を見事に表現したものです。2000年からはサン・ジョセフの名門、ドメーヌ・ゴノンで経験を積んだ息子のジャン・バティストが参画し特に白ワインの品質向上に尽力してきました。「ゴノンでは畑仕事の大切さを学んだ。そして樽の選択や清澄のやり方を改良してクリアな白を造るように努めてきたよ」と遠慮がちに語るジャン・バティスト。父ドニは彼の姿を傍らから日々そっと見守っています。

赤ワイン - 赤ワインはほとんどがサントネの村で造られます。サントーバンよりも土壌に粘土の割合が高くなることから赤ワインに最適の畑が多く存在しています。「サントネの良さはストラクチャーの強さ」とドニが言うように、骨格と複雑味を兼ね備えた見事なワインが造られています。収穫後ブドウは10%を除き除梗。その後低温マセラシオン、コンクリートタンクでの醸造を経て樽熟成。新樽使用率は最大でも20%までにとどめられています。ワインはサントネの特徴を最大限表しており、見事な奥行きとタンニンのきめ、そして首尾一貫した心地よいバランス感を備えています。

白ワイン - 少量のみ造られる赤を除いてほぼ白ワインをサン・トーバンの村から造ります。赤同様、サン・トーバンの白ワインにも豊かなフルーツの心地よい風味があり、期待を裏切ることがありません。白ワインはプレス後そのまま樽に入れアルコール発酵とマロラクティック発酵、熟成を経ます。新樽の使用率はここでも20%ほどで、丸みのある豊かな果実味がありながらも重すぎることがなく、ワインは繊細で実に澄んでいます。

---------------------------------------------------------------

---プレス情報---

【ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス 1つ星生産者(3つ星評価)】
“フランソワーズとドニ・クレールは長い間サントネの中でも最も魅力的なワインを造ってきた。彼らは低温浸漬により最大限引き出されるアロマのポテンシャルを理解し導入した初期のドメーヌの一つである。素晴らしいプルミエ・クリュの畑から見事なクオリティの白ワインを造り出している”

★2015年6月号「ヴィンテージ2014特集」にて今年のベスト・ドメーヌに選出!
2000年に父のもとへ参画した36歳のジャン・バティスト・クレールはサントーバンそしてサントネに15ヘクタールの畑を持つ家族経営のドメーヌをさらに成長させた。”80年代から赤ワインを専門に造り続けてきた父がいて、僕の白ワイン造りの経験がそれを補うものになったんだ”。彼らのサントーバンのテロワール(アン・ルミリー、ミュルジェ・デ・ダン・ド・シアン、シュール・ガメイ・・・)は2014年のブラインドテイスティングでひときわ輝いていた。「最高に健全な状態で収穫することができて、テロワールを最大限に表現することができた。甘いチョークの香り、熟度が高く厚みがありながらも、爽やかさがしっかりと続く。これこそがサントーバンなのである。

【Bettane & Desseauve 3つ星生産者(5つ星評価)】
“団結していてとても心の優しい一家、サントネとサントーバンの最良の畑のブドウからテロワール本来の味わいを持つワインを造り出しており、約20年間にわたり一貫した成功作を提供している。ブルゴーニュで最高のコストパフォーマンスを持つワインのひとつだ”

Saint-Aubin Blanc
サントーバン ブラン

画像クリックで拡大

シャルドネ100%
村の中心からほど近くにあるヴィラージュの区画Champ Tirantから年間約1,200本のみ生産する白。限定本数にての入荷です。石灰質土壌で南向き、樹齢約35年。10%新樽を使用し約10ヶ月熟成。ミネラルの風味が強く、若いうちはシャープな印象が強いものの、比較的樹齢が高く穏やかな果肉感があり、サントーバンらしさが良く表れています。

Saint-Aubin 1er Cru Sur le Sentier du Clou Blanc
サントーバン シュール ル サンティエ デュ クル ブラン

画像クリックで拡大

シャルドネ100%
シュール・ル・サンティエ・デュ・クルの畑はサントーバンの村のすぐ北、モンターニュ・デュ・バンの丘にある畑です。丘の中腹にある真南を向いた畑は、石灰質土壌。粘土も少し混ざっており快活さとアロマの豊かさが絶妙に表現されます。15%新樽使用。発酵バターなどのふくらみのある香りと共に感じるリンゴの清々しい香り。まろやかで雑味のない澄んだ果実味が心地よく染みわたります。

Saint-Aubin 1er Cru Les Murgers des Dents de Chien
サントーバン プルミエ クリュ レ ミュルジェ デ ダン ド シアン

画像クリックで拡大

シャルドネ100%
レ・ミュルジェ・デ・ダン・ド・シアン(犬の牙型をした巨岩の意)の畑は、ピュリニー・モンラッシェ・シャンガンのすぐ隣、モンラッシェの丘を上がったところにあり、サントーバンではアン・レミィと並び別格の畑。白い石がゴロゴロと広がる石灰岩主体の土壌で、味わいにボリューム、そして豊かなミネラル感が賦与されます。真南を向いたクレールの畑には一部樹齢60年以上のシャルドネがあり、出来上がるワインには得も言われぬ奥行きが生まれるのだと言います。このワインにも新樽は20%までにとどめています。

Saint-Aubin 1er Cru Sur Le Sentiers du Clou Rouge
サントーバン プルミエ クリュ シュール ル サンティエ デュ クル ルージュ

画像クリックで拡大

ピノ・ノワール100%
シュール・ル・サンティエ・デュ・クルの畑はサントーバンの村のすぐ北、モンターニュ・デュ・バンの丘にある畑です。丘の中腹にある真南を向いた畑は、石灰質土壌。粘土も少し混ざっています。樹齢45年と比較的高樹齢のピノ・ノワール。フレッシュな赤いフルーツの中にも奥行きがあり、艶やかな質感。コンクリートタンクで低温マセラシオン、10%のみ新樽、15ヶ月間熟成。

Santenay 1er Cru Clos des Mouches
サントネ プルミエ クリュ クロ デ ムーシュ

画像クリックで拡大

ピノ・ノワール100%
プルミエクリュ、パスタンの上部、サントネの村からごく僅かの距離にあるクロ(石壁)に囲まれた畑でブドウが熟しやすく、しばしば収穫を一番初めに行う“ドメーヌで一番フルーツ感が強いキュヴェ”。3分の2は樹齢約25年、3分の1は60年以上の樹齢。低温発酵中のピジャージュとルモンタージュに続き約8日間のアルコール発酵、プレスワインとブレンドし樽へ移します。15ヶ月間熟成、新樽20%使用。
ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス 15.5/20                        

Bourgogne ページに戻る