Château Barbeiranne  (Côtes de Provence)

シャトー バルベランヌ

Château Barbeiranne Château Barbeiranne Château Barbeiranne

ヴァール県の県庁所在地トゥーロンの街から北東に約20キロ内陸へ入った、ピニャンの村にシャトー・バルベランヌはあります。モール山塊の北、松や樫の林に囲まれた、空と海との間に広がる34ヘクタールのブドウ畑を、ワイン造りに情熱を傾けるマリー・ノエル・ファーヴルが所有しています。1972年にボーヌで醸造栽培上級技術者の資格を得た彼女は、シャンパーニュ、次にモーゼルでキャリアを積んだ後、南のワイン産地を探し回り2006年、18世紀から続くバルベランヌに辿り着きます。パートナーのアンリ・エベルと、オノログのアレクサンドル・ペリエの協力を得て、彼女はワイン造りへ再び情熱を傾けます。

太陽が降り注ぎ、地中海からは優しい海風の吹く緩やかな斜面には、入念に手入れされた平均樹齢40年のシラー、サンソー、グルナッシュ、ユニ・ブラン、ロール、カベルネ・ソーヴィニョンが植えられています。ここはプロヴァンスでもやや内陸に位置し、強い風ミストラルや冬の寒さが厳しい場所ですが、地中海から吹く海風がその寒さを和らげてくれます。土壌は小石がちの粘土石灰質が主体ですが、古生代に海だったことを示す砂質の区画も存在し赤だけでなく白やロゼワインも生む多様なテロワールが広がっています。この自然豊かな環境のもと、バルベランヌの畑には蝶をはじめ小さな虫たちが飛び交っています。春の耕作や機械での除草、厳しい剪定や芽かきの作業を行うことが、ワインの品質を維持するために何よりも大切で、手摘みで収穫を行いブドウ畑とカーヴにてさらに綿密な選別をします。近代的な醸造設備を備えたカーヴと300個の樽が眠る美しいシェ、見事に修復された可愛らしいシャトーも一度は訪れてみたいプロヴァンスの隠れた宝石です。

Côtes de Provence Réserve Tradition Blanc
コート ド プロヴァンス レゼルヴ トラディション ブラン

画像クリックで拡大

ロール50% ユニ・ブラン50%
平均樹齢40年、2ヘクタールの畑。収穫は良いブドウを見極めながら行い、そして選果台での丹念な選果を経ます。スキンコンタクトを行いブドウの繊細なアロマを抽出し醸造、その後6ヶ月間バリックで熟成させます。白い花の優しい香りに加え、バナナやレモンを思わせる果実感豊かな香りとふくよかな味わいにアーモンドのようなアクセント。カンゾウ(甘草)のような甘いスパイスの長く豊かな余韻が続きます。プロヴァンスの白らしいボリューム感がありますが、重くなりすぎることなく繊細なバランス感を保っています。

Côtes de Provence Réserve Tradition Rosé
コート ド プロヴァンス レゼルヴ トラディション ロゼ

画像クリックで拡大

グルナッシュ・ノワール60% サンソー30% シラー10%
グルナッシュとサンソーはスキンコンタクトを行い優しく空気圧プレス、シラーはセニエで醸造し鮮やかな色合いと風味を抽出しバランスの良い味わいを表現、春の瓶詰までシュール・リーで熟成します。桃やアプリコット、グレープフルーツや赤い小さなフルーツの溌剌としたチャーミングな香り。爽やかなアタックで豊かな果実感がありながら、みずみずしい上品な柑橘類のほろ苦い心地よい余韻がありプロヴァンスらしい上品さをもつロゼワインです。

Côtes de Provence Réserve Tradition Rouge
コート ド プロヴァンス レゼルヴ トラディション ルージュ

画像クリックで拡大

シラー40% グルナッシュ・ノワール30% カベルネ・ソーヴィニョン30%
完全に除梗されたブドウは、プレスされ、毎日ルモンタージュを行いながら3週間かけて醸造。アリエ産のバリックで9ヵ月間熟成させます。
ほのかに紫色を帯びた美しいガーネットの色合い。樽に由来する木やスモーク、バニラの香りが広がり、時間が経つにつれて熟したフルーツやチョコレート、コーヒーなどの複雑な香りも現れます。柔らかな果実の味わい豊かで、タンニンも溶け込みバランスが整っています。

Provence ページに戻る