Château Martinat  (Côtes de Bourg)

シャトー マルティナ

Château Martinat Château Martinat Château Martinat

シャトー・マルティナは、コート・ド・ブールのほぼ中心、ランサックにあります。ちょうどここは谷のような地形をなし起伏に富んでおり、2キロほど離れたジロンド川の影響で温暖な気候と日照に恵まれています。特にメルロの栽培に適した粘土砂礫質の土壌15ヘクタールが、ブドウの十分な成熟を助け、マルティナの凝縮感あふれる肉厚のワインを生み出します。平均樹齢は40年、栽培品種の割合はメルロ60%、カベルネ・ソーヴィニョン20%とマルベック20%です。

ゼロからの挑戦
今ではすっかりコート・ド・ブールの著名シャトーの仲間入りを果たしたマルティナですが、オーナーのドーンズ夫妻は以前パリに住み、ワインとは別世界のキャリアを歩んできました。リュシーはゴルフ場の景観デザイナー、ステファンは海運業の仕事をしていました。二人ともワインが大好きで、ワイナリーの自然豊かな生活に憧れるうち、シャトー・マルティナを購入するきっかけを得て1994年、ワイン造りを始めたのです。当初は骨の折れる仕事が実に多いことに苦労しますが、芽かきやグリーンハーベスト(摘果)など基本的な作業を丁寧に行うことの重要さに気付きます。収穫はもちろん手摘み、シャトー・マルティナのラベルを冠するワインは、パーセルごとに最良のものを選りすぐって醸造に回されます。ブドウ栽培から、製品を生み出すまで、すべての段階に情熱と愛情を注ぐ二人のワインはたちまち各評論家、ワイン雑誌が飛びつくほどの人気になりました。

マルティナの作品には、4ヘクタールのパーセルから厳しく収量を落とし100%新樽で造られる少量生産のキュヴェ、エピキュリア・ド・シャトー・ド・マルティナもあり、これは特にロバート・パーカー氏によって毎年のように高得点を獲得しています。しかしながら彼らの日々の原動力となっているのは、シャトー・マルティナのような手に取りやすく親しみ易いボルドーワインを造ることで、多くの消費者にワインという飲み物の素晴らしさを分かち合ってもらうことです。

そのためには、シャトー・マルティナの品質を維持し続ける必要があります。“良いワインを造り出すために欠かせないのは、何よりも健康的でしっかりと熟したブドウを収穫することだ。我々にとっては毎年が新しい挑戦であり、その年の特徴を存分に発揮させ、マルティナのスタイルの中に表現することが大切なんだ。”と彼は熱く語ります。

Côtes de Bourg Château Martinat
コート ド ブール シャトー マルティナ

martinat

画像クリックで拡大

メルロ60% カベルネ・ソーヴィニョン20% マルベック20%
南南西を向いた11ヘクタールの畑は水はけのよい粘土砂礫質。平均樹齢は40年。芽かきやグリーンハーベストにより、収量を35~40hl/Haに抑えます。手摘みで収穫されたブドウは厳しい選別を経て、温度管理されたコンクリートの槽で3週間醸造されます。トロンセ産のバリックの中でも特に目の詰まったものを厳選し、14ヶ月の熟成(新樽、1年樽、2年樽を各3分の1ずつ使用)を経ます。卵白で清澄し瓶詰。シャトー・マルティナのワインの特徴は赤いフルーツのニュアンス、タンニンはシルキーで熟しており、樽に由来するかすかな木のアロマがエレガントで逞しいボディに溶け込んでいます。

“粘土砂礫質のテロワールとパーフェクトで安定感のある品種構成は特に好ましいということに言及しておきたい。黒に近い赤紫色のローブ、赤いフルーツのいきいきしたブーケ、スパイス、樽の香ばしいニュアンス。ボリューム豊かな口当たり、奥行きのある深い味わい、肉厚な構造。タンニンの状態から、少なくとも4年から5年は熟成が可能である。” - ギドアシェット

"良く造りこまれた、洗練されたスタイルで、小さな赤いフルーツの香りが広がり、味わいは甘く、ストレートで、好ましいタンニンがある。いやらしさのないところが、熟考して醸造されている証だ。今から十分に楽しむことができる。" - ベタンヌ&ドゥソーヴ

Bordeaux ページに戻る