Château Rives-Blanques  (Limoux)

シャトー リヴ ブランク

Chateau Rives-Blanques Chateau Rives-Blanques Chateau Rives-Blanques

南フランスでワイン造りをするためにやってきた多くの外国人の中でも、おそらく最も成功していて、恵まれた環境にあり、働き者で、笑顔に満ち溢れた日々を送るオランダ人のヤンとアイルランド人のカリル・パンマンのドメーヌ、シャトー・リヴ・ブランク。アペラシオン・リムーのはずれ、マルペールに隣接するリムーで最も標高の高い350メートルの美しい景観を持つ場所にあります。ドメーヌの名前は、遠く望むピレネーの山の頂の一つに由来しており、冬から早春にかけての美しい光景はまさに天国のようです。彼らがこのドメーヌを買い取る10年前当時のオーナーはエリック・ヴィアラド。この土地と畑をこよなく愛する彼はここで30以上のヴィンテージを経験、フランスで最も早く減農薬農法を取り入れ、ドメーヌの基礎を築いた重要な人物です。彼の離婚に際し、このドメーヌを売却せねばならないところへヤンとカリルが手を差し伸べたことで、エリックはリヴ・ブランクの大切なチームの一人となりました。

地中海と大西洋二つの気候が交わる地点にあるリヴ・ブランクは、野生の蘭、ワシ、チュウヒ(野禽の一種)、コウモリ、ブナなど独特な動植物相が形成されていることから、EUの“ナチュラ2000”のガイドラインにより保護区域に指定された場所にあります。標高の高さと強く吹き付ける乾燥した風によって、自然とブドウの木々は害虫から守られています。土壌はモレーンと呼ばれる氷河により運搬され岩屑などが堆積した層で、小石がちの粘土質土壌。興味深いのは、シャトーヌフなどにみられるような大きな石が転がり、わずか20mほど下に行くとこの石は見当たらなくなります。約20ヘクタールの畑の内訳は、1970年に植えられた2.7haのシュナン・ブラン、6haのモーザック、数区画に分かれる合計11.4haのシャルドネ、そして2006年に植えた2haのソーヴィニョン・ブランです。ジャンとカリルはこの10年間のうちに、多くの投資と様々な取り組みを行ってきました。空気圧搾機や選果台などの最新の機器に加え、焼きや材質などをテストし厳選したフランソワ・フレールやヴィカール社製の上質なバリック300個も購入。そして、エリックによって進められた環境配慮型の栽培をさらに推し進め、化学肥料を使用せず剪定した木くずやブドウの搾りかすからなる有機肥料のみを使用する、ほぼビオロジックに近い減農薬栽培が行われています。また、ブドウ畑の畝の間に小麦やオート麦、野生の花、クローバーを植え、野生のイノシシ、鹿、フクロウ、ワシ、鳥などたくさんの動物が生息する環境を造り出しています。

フランスで唯一、樽での発酵と熟成が義務づけられているアペラシオンのリムー。規定によりブドウの収穫も手摘みで行わなければなりません。その標高の高さから、リヴ・ブランクの収穫は他のワイナリーに比べ3週間ほど後に始まります。ここでは、収穫時に畑とカーヴで2度選別、ブドウのクオリティーを収穫後2時間以内にプレス、週に2回バトナージュを行いながらそのキュヴェに合わせた樽を厳選し、約半年間澱とともに熟成させます。

彼らが造り出すバラエティに富んだワインは、ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス、ル・ギドアシェットに毎年欠かさず掲載され、またジャンシス・ロビンソンが毎年欠かさずテイスティングを行うお気に入りのドメーヌでもあります。

Limoux Cuvée de L'Odyssée
リムー キュヴェ ド ロディセ

odeyssee

画像クリックで拡大

シャルドネ100%
ドメーヌのフラッグシップともいえるワインで、毎年多くの受賞経験があり、高く評価されているシャルドネです。接ぎ木されていない選りすぐりの2区画のシャルドネを使用、手摘みで収穫し2度選別、収穫後2時間以内にプレス、週に2回バトナージュを行いながら25%新樽を使用し、6か月間澱とともに熟成させます。柑橘類、桃などのフルーツ、フローラルな香りに加えブドウの豊かな果実味と美しい酸の見事な調和が見られます。
【2014】
ワイン・アドヴォケイト 90/100
ジャンシス・ロビンソン 16.5+/20
ワイン・スペクテイター 88/100
マコンコンクール2016 金賞

Limoux Cuvée Dédicace
リムー キュヴェ デディカス

dedicace

画像クリックで拡大

シュナン・ブラン100%
デディカスの登場によって、素晴らしいシュナン・ブランはロワールでなくても造りだせることが証明されました。シュナン・ブランはリヴ・ブランクのテロワールに見事になじんだのです。デディカスはパンマン夫妻がリムーというアペラシオンとリヴ・ブランクのテロワール、さらにヴィンテージごとに異なる特定の人物にささげるキュヴェです。平均樹齢45年のシュナン・ブランは12%新樽を使用し6か月間熟成。スパイス、麦わらのニュアンスにほのかな蜂蜜の甘い香り、みずみずしいフルーツの味わいは酸とミネラル感に富み非常に上品です。
【2014】
ロディセと同じく、2014年はこのシュナン・ブランも10月初旬という遅い収穫になりました。地中海性気候、そして大西洋気候の両方の影響を反映したようなしっかりとした熟度と酸が見事です。
ジャンシス・ロビンソン 17/20
ワイン・アドヴォケイト 91/100 -“まだ熟し切っていない桃、柑橘類の花、ミントなどの複雑でエキゾチックな香り、ミネラル感のキス、ミディアムボディで幾重にも重なる味わいと完璧なまでのバランス感のある味わいだ”

Limoux Cuvée Occitania
リムー キュヴェ オクシタニア

occitania

画像クリックで拡大

モーザック100%
豊かな酸味を備えたモーザックはブランケットをはじめとするスパークリングワインに適した品種として知られており、スティルワインとしては醸造が難しく中立的な味わいに仕上がるためオクシタニアは非常に稀有な存在。オクシタニア用の区画は、ドメーヌが所有する畑の中でも最も低い標高(250m)の南向きの砂質の場所にあり、一番最後に収穫し、ぎりぎりまで熟させたモーザックは収量を25hl/haに抑え収穫、オークの古樽で7か月間熟成させます。年産6000本。ミモザやアカシアの花、白桃などのアロマティックな香り、蜂蜜やスパイスの香りをまとったフレッシュでクリーンな果実味は驚くほど凝縮されています。
【2013】
ジャンシス・ロビンソン 16.5/20
ワイン・アドヴォケイト 88/100

Languedoc-Roussillon ページに戻る