Clos de L'Anhel  (Corbières)

クロ ド ラネル

Clos de L'Anhel Clos de L'Anhel Clos de L'Anhel

自身の出身、ラングドックでワイン関係の仕事を続けてきたソフィー・ギロドンはシャトー・ペシュラで出会った元夫のフィリップとともに2000年、クロ・ド・ラネルをスタート。ラネルはラングドック地方の伝統的な言葉“オクシタン”で「羊」を意味しています。そして当初、ここには羊を囲うおりがあったことからこの名を付けました。彼らの2人の息子に加えて”3人目の子供”のように大きな愛着を持ってワインを造り始めたのです。他の誰かのためではなく、自分自身の手で自分のワインを造りたかったと話すソフィ。クロ・ド・ラネルの畑はコルビエールの中心ラグラスにあります。ここは神秘的なアラリック山の正面に位置し、ガリーグに囲まれた自然豊かな土地です。彼女が望んで止まないのは、息子たちに「畑のブドウ、それから桑の実、ブラックチェリー、そして野ねぎも食べていいわよ!」と言える環境を作ることでした。その理想のビオトープを造るため、畑の周りには200本の木が植えられ、多くの動植物を育む環境が出来上がったのです。日中は強烈な日差しを浴びる彼女の畑を訪ねると、たくさんの鳥や蝶、虫が飛び交っています。「私の理想郷では、草や木、鳥、そして虫のいない世界はあり得ない。生命のないブドウ畑が存在することはありえないんです!」小柄なソフィが、9ヘクタールと少し大きくなったラネルを一人で切り盛りし、年を追うごとにその誠実で真摯なワインが注目を集めています。そしてイノシシに大切なブドウを食べられないようにと畑に置いてあるのは、何と人間の髪の毛!これがイノシシ除けに活躍しているのです。 

美しい小麦色に焼けたソフィー。彼女は一日のほとんどを畑で過ごします。そして除草を兼ねて時々羊たちがブドウ畑にやってきて草を食べてくれます。現在すべてのワインはエコセールによるビオロジックの認定を受けていますが、ソフィーはビオディナミの要素も取り入れながら栽培を行っています。ソフィーの家族、そして友人たちとともに収穫するブドウの基準は「自分が食べたいと思うようなブドウ」。皆で最もきれいなものだけを摘み取り、厳しく選別します。自分の作り出すワインにフレッシュさと繊細さを追い求めるソフィはタンニンにとことんこだわり、出来る限り滑らかなタンニンを目指します。そのため特別な機械を使用し果実に傷をつけず除梗、できる限りきれいな状態で醸造に回します。そして、ブドウ本来の味わいを表現するため木樽は一切使用しません。また、フリーランジュースとプレスワインを決して混ぜず、キュヴェ・テラセットとキュヴェ・ディマンシュではフリーランのみを使用。ワインにストレスをかけないよう、重力に従い果汁を移動。瓶詰めの際にもフィルターは使わず、清澄もせず、最低限のSO2のみを加えます。ソフィーのワインには、コルビエールがどんなアペラシオンであるとか、カリニャンというブドウは・・・と薀蓄を傾ける必要がありません。ワインが素直にするっと入ってきて喉の渇きを癒すとともに、昔遊んだ野山の懐かしささえ覚えるような、ワインとして単純に美味しく、心温まるワインなのです。彼女自身が自分のために造ったブドウ畑ですが多くの命をはぐくみ、そして私たちに生きる活力すら与えてくれるワインを造り出す場所となっています。

Corbières Le Lolo de l'Anhel
コルビエール ル ロロ ド ラネル

les-autres

画像クリックで拡大

カリニャン80% グルナッシュ・ノワール15% シラー5%
ソフィの新しいワイン、ル・ロロ・ド・ラネル。”ロロ”とは赤ちゃんの言葉で「おっぱい」のこと。何も考えずごくごくと飲むべきワインとソフィーはこの名前を付けました。彼女の二つのキュヴェ、テラセットとディマンシュはプレスジュースを一切使用しないキュヴェですが、そのプレスジュースを使ったのがこのロロ・ド・ラネルです。このキュヴェにはそのプレスジュースが60%使われており、フリーランのカリニャンを40%加えています。飲んで驚くのはそのきめ細やかな優しいタンニンと弾けるような果実のチャーミングさ。オリーヴのプレス機を使い、ゆっくりと丁寧に絞られたタンニンには粗さがありません。そして2013年らしいフレッシュな酸。コルビエールのワインに時々感じられる粗野な感じが好きではないというソフィーらしいワインです!

Corbières Les Terrassettes
コルビエール レ テラセット

terrassettes

画像クリックで拡大

カリニャン主体 シラー グルナッシュ・ノワール ムールヴェードル
ソフィの畑はアラリック山と向かい合う南東向きのテラス状になっていて、なだらかな場所から幾分急斜面の場所まで(185-200m)ブドウが植えられており、それらのブレンドが見事なバランスと奥行きを生み出すのです。樹齢は40-60年、様々樹齢の品種をタンクのみで醸造、熟成させます。野生のハーブ、カンゾウの心地よい風味とともに感じられるしっかりと熟したカシスやスグリの実はほのかにスパイシーなタバコのニュアンスをまとっています。より力強いアタック、多重の構造の豊かさがあり生き生きとしたフィニッシュへと続きます。

Corbières Les Dimanches
コルビエール レ ディマンシュ

dimanches

画像クリックで拡大

カリニャン主体 シラー グルナッシュ・ノワール
生産量は4000-6000本と少なく、なおかつ納得のいくヴィンテージにのみ造られるキュヴェ。そして月曜日から土曜日まで飲みたい気持ちを抑えてやっと迎えた大切な日曜日(Dimanches)に飲んで欲しいという思いのつまったワイン。同じテラス状の畑にありますが、より標高が高く200-225mの畑で北西向きの場所に樹齢70年以上のカリニャンが育っています。「このカリニャンは樹齢が高いからたくさん実をつけてはくれないけれど、素晴らしいブドウが出来るから許してあげるわ」とソフィー。若いカリニャンでは絶対に生み出すことのできない複雑味がしっかりと感じられます。以前にもましてセパージュとテロワールのピュアな表現を追い求めるソフィはこの2012年から樽を一切使用しないキュヴェにしました。樽を使わないことを生産者は良く「化粧をしていないワイン」と表現します。化粧をしないということは素顔がきれいでなければならない、つまりブドウ自体の質が上質でなければこれほどまでにピュアなワインを造ることは難しいのです。

Languedoc-Roussillon ページに戻る