Domaine Brusset  (Cairanne & Gigondas)

ドメーヌ ブリュッセ

Domaine Brusset Domaine Brusset Domaine Brusset

2010年にドメーヌを訪問して以来、色々な南ローヌのワインをテイスティングしてきましたが、いつも頭の中にブリュッセのワインの強いイメージが消えることがなく、価格とクオリティーのバランスを考えるとき、これを超えるものになかなか出会うことが出来ませんでした。それは、各方面で高く評価されるジゴンダス、レ・オー・ド・モンミライユだけにとどまらず、気軽に楽しめるコート・デュ・ローヌ、そしてヴィラージュのケランヌ、ヴィオニエ100%の素晴らしいキュヴェ、クラヴェルについても言えることですが、彼らのワインには常にピュアな果実のフルーツや、この地域特有の豊かなスパイスやハーブのアロマがふんだんに感じられ、とても満たされた気分にさせてくれるのです。

ドメーヌ・ブリュッセは1947年に現在のオーナー、ローラン・ブリュッセの祖父アンドレ・ブリュッセが創設したドメーヌです。彼は世界大戦が終わった1945年に協同組合へブドウを売却することを止め、ドメーヌ元詰めを始めました。アンドレは当時アプリコットの需要の方がワインよりも圧倒的に多かった時代にさえ、一ドメーヌとしてワイン産業に明るい未来を描いていた、先見性のある人物です。1999年のアンドレの死後、息子のダニエルがドメーヌを世界的なレベルにまで高めました。その役割を果たしたのは、南ローヌを代表する山ダンテル・ド・モンミライユの斜面のテラス状の畑から生まれ、新樽で熟成されるジゴンダス、オー・ド・モンミライユです。ダニエルは当時初めて新樽でジゴンダスの熟成を試みた人物の一人で、このキュヴェの成功でブリュッセは一躍有名になったのです。

そして現在、3代目のローランにワイン造りの技術はもとより、哲学や情熱までも引き継がれています。彼は常にリスクを取って素晴らしいワインを生み出すことに力を注いでいます。赤ワインの熟成中も、澱引きを敢えて行わず、加えて定期的に澱を撹拌することでワインにさらなる奥行きが加わる可能性が広がると言います。現在、ドメーヌで造り出す赤ワインは97%を占めていますが、彼は同じ情熱を白ワインにも注ぎ、特有のモダンなアプローチでその手腕を遺憾なく発揮しています。

ドメーヌが所有する87haの畑は、カーヴがある本拠地のケランヌをはじめ、オランジュ、ボレーヌ、ヴェゾン・ラ・ロメーヌの町に囲まれた区域の中の、最良のテロワールに恵まれた場所にそれぞれ存在します。彼らが求めるワインは、それぞれのテロワールで育まれたブドウが持つ果実の風味がしっかりと表れており、構造、表現力がともに豊かで、時間の経過とともに研ぎ澄まされていくワインです。そのため、アペラシオンによりますが、収量は25hl/ha、高くても35hlまでにとどめています。ワイン造りにおいては、自然酵母を使用し完全に除梗、セパージュごとに醸造、赤ワインに対しては14度で低温マセラシオンを行います。また、フランスでも他にない設備として、最適な抽出のために自動でピジャージュを行う機械(Robopigeur)を備えています。そして赤ワインは絶対にフィルターにかけません。

コート・デュ・ローヌ
“un champ de cailloux アン・シャン・ド・カイユ(石の畑)”と呼ばれる、モンドラゴンのコミューンにある唯一の区画。レ・コトー・デ・ブリュイエール(11ha/1970年にダニエルが購入)とブレジャ(13ha/1989年にローランが購入)の2つのリュー・ディーから構成。ヴィオニエ100%のクラヴェルは、La Clavelleのリュー・ディーにある、ヴィオニエに適した粘土砂質土壌の丘にちなんで命名。

Côtes du Rhône Rouge Laurent Brusset
コート デュ ローヌ ルージュ ローラン ブリュッセ

laurent b

画像クリックで拡大

グルナッシュ・ノワール60% シラー20% ムールヴェードル10% カリニャン10%
除梗後、デレスタージュの作業を行いながら、28度で8-10日間醸造。セパージュごとに醸造し、マロラクティック発酵終了後にブレンド。100%タンクで熟成。紫がかった明るいルビー色。小さな赤いフルーツの溌剌とした香り。丸くエレガント、滑らかな口当たりで、フランボワーズなど赤い果実の風味に富みバランスよく心地よい味わい。
【2012】
ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス14.5/20
【2013】
Wine Adovocate 89/100

Côtes du Rhône Blanc Les Clavelles
コート デュ ローヌ ブラン レ クラヴェル

les-clavelles

画像クリックで拡大

ヴィオニエ100%
空気圧搾にて優しく果汁を搾り、果汁を冷やし澱を除く。バトナージュしながら4ヶ月間かけて18度で一次発酵(30%新樽、残りはタンクで)。ヴィンテージによってはマロラクティック発酵を行います。洋ナシ、アプリコット、白い花の鮮烈な香り。桃などの豊富なフルーツ感を伴うアタックは大変心地よく、一方で柑橘類を思わせるフレッシュさとミネラル感がしっかりと存在し、品の良さを感じさせます。

コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ ケランヌ
ケランヌにあるLes Coteaux des Travers レ・コトー・デ・トラヴェール(粘土砂質土壌の丘)と大きな石が転がるPlan de Dieu プラン・ド・デューに合計40haを所有。

Côtes du Rhône Villages Cairanne Les Travers Blanc
コート デュ ローヌ ヴィラージュ ケランヌ レ トラヴェール ブラン

travers blanc

画像クリックで拡大

グルナッシュ・ブラン ルーサンヌ ヴィオニエ
空気圧搾にて優しく果実を搾り、果汁を冷やし澱を除きます。18度にコントロールし80%はタンクで一次発酵、残り20%新樽でバトナージュを施しながら醸造。フレッシュさに重きを置き、マロラクティック発酵は行いません。小さな白い花のフローラルな香りと南国のフルーツやアプリコット、アーモンドのような香りなどさまざま。果肉の味わいのボリューム感とフレッシュで伸びやかな酸を持つバランス良い白ワイン。
【2012】
ワイン・アドヴォケイト 90/100
ジャンシス・ロビンソン 15.5/20

Côtes du Rhône Villages Cairanne Les Travers Rouge
コート デュ ローヌ ヴィラージュ ケランヌ レ トラヴェール ルージュ

travers rouge

画像クリックで拡大

グルナッシュ・ノワール60% シラー20% ムールヴェードル15% サンソー5%
セパージュごとに15日間醸造。熟成は10ヶ月間、80%はタンクで、20%は樽(3-4年樽)にて。カシス、甘いスパイス、ガリーグ、タプナードなど南ローヌの要素がふんだんに感じられ、円やかな果実、タンニンのボリュームが一層際立っています。ローラン・ブリュッセのスペシャリテとして知られるワインの一つ。
【2012】
ジャンシス・ロビンソン 16/20
ワイン・アドヴォケイト 90-92
ベタンヌ&ドゥソーヴ 14/20

Côtes du Rhône Villages Cairanne Rouge Les Chabriles
コート デュ ローヌ ヴィラージュ ケランヌ ルージュ レ シャブリル

chabrilles

画像クリックで拡大

グルナッシュ・ノワール65% シラー35%
このキュヴェには真南を向いたシャブリルの丘に育つ樹齢80年のブドウを使用します。28度にコントロールし毎日ピジャージュを行いながら3週間醸造。熟成は60%タンク、40%ドゥミ・ミュイ(300L)の2年樽を使用。ラズベリーやブラックベリーのジャム、バニラ、コショウ、ラベンダーの華やかな風味と非常に艶やかな果実味、滑らかなタンニン。テロワールの風味を反映しながら、より一層洗練された優美な印象。

ジゴンダス
フランスを代表する石灰岩の岩山ダンテル・ド・モンミライユの南東の斜面に18ha、68ものテラス状に連なる南向きの畑を所有。岩がむき出しになった石灰質の土壌で、丘の下から中腹のブドウからトラディション、丘の上部の石の多い区画、高樹齢のブドウからオー・ド・モンミライユが造られる。しばしば吹くミストラルがブドウを健全な状態に保つ役割を果たしています。

Gigondas Tradition Le Grand Montmirail
ジゴンダス トラディション ル グラン モンミライユ

gigondas tradition

画像クリックで拡大

グルナッシュ・ノワール70% ムールヴェードル10% シラー10% サンソー10% 
100%除梗、自然酵母のみで15日間醸造、2日に1度ピジャージュを行います。熟成は70%がタンク、残り30%は300L入り(2~4年)の樽にて1年間。熟したフルーツの丸みを帯びた輪郭、鮮やかな色調、滑らかなタンニンが感じられます。
【2012】
ジャンシス ロビンソン 16/20
ワイン・アドヴォケイト 90-92/100  “素晴らしいアロマとミディアムボディ、深みのある味わい”

Gigondas Les Hauts de Montmirail
ジゴンダス レ オー ド モンミライユ

hauts

画像クリックで拡大

グルナッシュ・ノワール50% ムールヴェードル30% シラー20% 
除梗後、自然酵母のみで品種ごとに、ピジャージュを行いながら30日間醸造。30%はタンク、70%はバリック(228L)で熟成。
【2010】
ワイン・アドヴォケイト2011年10月 92-95+/100
“全くもって素晴らしい、そしてこのヴィンテージのジゴンダスNO.1のワインのひとつ。贅沢なほどリッチなワインで樽の風味と見事に融合している。濃厚なクレーム・ド・カシス、キルシュ、そしてブラックベリーのアクセントの付いた香りで、燃えかすのようなスモークの香りもある。上品な酸、適度に高いタンニンを持ち、奥行きがありフルボディのダークなパープルカラーをした2010年はあと3-4年寝かせる必要があり、12-15年以上はセラーに入れておきたい。” - ロバート パーカー
ジャンシス ロビンソン2011年12月 16.5/20  デキャンター 17/20

Vallée du Rhône ページに戻る