Domaine de la Rectorie  (Collioure/Banyuls)

ドメーヌ ド ラ レクトリー

Domaine de la Rectorie Domaine de la Rectorie Domaine de la Rectorie

マルクとティエリー・パルセの兄弟が率いるドメーヌ・ド・ラ・レクトリー。1984年に協同組合から脱却し最初の瓶詰めを行いました。この地域では比較的若い生産者であるにも関わらず、今やバニュルスとコリウールを語るうえで欠かせない存在です。彼らの財産であるブドウの木々は、若くして未亡人となった彼らの曾祖母のテレーズ・パルセが女ひとりで丹念に育ててきたもの。彼女は亡くなる1969年までドメーヌを守り続け99歳まで生きたドメーヌの神様のような存在で、パリで育った兄弟にとってはバニュルスは田舎、しかしとても大切な「根っこ」のような存在であり続け、バカンスに訪れる彼らに大きな影響を与えていたのです。1976年、マルクがバニュルスへ戻ったのを機に、ティエリーもその後を追います。
30ヘクタールの畑は海に面した山の標高0~400メートルのおよそ30区画に広がっており、ほとんどがシスト土壌。各パーセルがそれぞれ異なったミクロ・テロワールに存在し出来上がるワインは実に表現豊かなものになります。高樹齢の木々は混植、グルナッシュ・ノワールが70% 、グルナッシュ・グリが20%、カリニャンが10%、そして少量のグルナッシュ・ブランがあり、古いものは状態を見ながら徐々に植え替えながらバランスを保ち、平均樹齢は50年。また、8ヘクタールの畑に1980年代に植えたグルナッシュ・ノワール、シラー、ムールヴェードルはコリウール用に栽培されています。
生産量の大半は、コリウールの赤2種類のワインが占め、そのうちバニュルスの割合はたったの15%ほど。1981年からはラバや馬での耕作を導入。人工的な要素をできるだけ少なく、かつ人にも環境にも優しい栽培、醸造方法を実践しています。

コマーシャルを担当する写真家の次男のピエールを含め、パリで培われた芸術的なセンスを持つ彼ら。彼らの住居兼コマーシャル用の建物は祖父レオンがこよなく愛したロマネスク様式の教会だったもので、レクトリー(カタロニア語で司祭館の意)の名の由来となっています。戦時中には防空壕として使用されていた山を削り取った石のカーヴには、多くの古いワインが眠るとともに、いくつもの樽が置かれており、この理想的な環境でワインはじっくりと熟成を重ねます。 代々に渡って丹念に育てられてきた高樹齢の木から生み出される低収量のワインは、テロワールの個性がはっきりと表れた個性的なもの。海と山に広がる約30の区画から、むきだしになったシストの痩せた土壌が育むミネラルはワインにピーンとした緊張感と同時に得も言われぬ心地よさを与えてくれます。それはコリウールの赤そして白ワインにとどまらず、酒精強化ワインのバニュルスに至るまで、ブドウの熟度と酸・ミネラルのバランスが完全なまでに保たれ一貫したスタイルが存在し愛好家たちを魅了してやまないのです。

コリウール - バニュルスと同じ生産区域。1971年から赤のみAOCに認定。2003年には白の生産も認められるようになりました。赤、白、ロゼともに最低2種類の品種を使うことが義務付けられています。レクトリーの自信作、海側の畑で育ったグルナッシュ・グリとグルナッシュ・ブランを使ったムルソーを思わせるような白ワイン”L'Argile(ラルジル)”もドメーヌを代表するワインです。

バニュルス - かつて過熟した、酸化の強いバニュルスが出回っていた時代にフレッシュでフルーティーなバニュルスの生産を始めたパイオニアのレクトリー。ピエール・パルセによれば、モーリーのような暑く乾燥した地域のワインと比べ、バニュルスにおいてワインを過度に酸化させてしまうことは、この地の特殊な気候がもたらすフレッシュ感を消し去ってしまうと言います。レクトリーでもソレラやランシオのシステムを使ったバニュルスを少量生産していますが、後味には爽やかな酸が感じられます。
彼らは普段、若いフルーティーなバニュルスを、フォアグラや仔羊のロースト、鳥や鳩料理と楽しんだり、フレッシュないちじくや、スティルトン、ゴルゴンゾーラに合わせて楽しむのだそうです。

Collioure Blanc l’Argile
コリウール ブラン ラルジル

l'argile

画像クリックで拡大

グルナッシュ・グリ90% グルナッシュ・ブラン10%
1993年ティエリーとマルクは高樹齢の区画から白ワインの生産を始めました。ラルジル(粘土)という名前は彼らが白ワインの醸造を始めた最初の区画の名前です。赤ワイン用のブドウよりも1~2週間早い8月中旬に収穫し、バランスの良い酸と糖度がのっている段階で収穫をすることで素晴らしいワインが誕生したのです。(その後2002年にコリウール・ブランのアペラシオンが誕生)
地中海のほど近くに植えられたブドウは驚くほどの爽やかさを、そして少し内陸の山側のブドウは奥深いミネラルをワインにもたらすのです。
プレス後、低温で澱を一晩沈めた後に樽へ移しバトナージュを行いながらアルコール発酵。その後12月まで週1回バトナージュ。瓶詰めは3月に行われます。
白い花や白いフルーツの濃厚なアロマと心地よいフルーツのトロリとした口当たり。染入るようなミネラルの旨みとコク、余韻には得も言われぬ心地よいほろ苦さが感じられます。
【2012】
ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス 16/20
ジャンシス・ロビンソン 17+/20

Collioure Rouge Côte Mer
コリウール ルージュ コテ メール

cote mer

画像クリックで拡大

シラー50% グルナッシュ・ノワール40% カリニャン10%
名前の通り海側(コテ・メール)の区画で育まれたブドウの爽やかな果実味が存分に感じられるキュヴェ。大樽とバリック(新樽比率は10%以下)で10ヶ月間熟成。ブラックチェリーなどの赤いフルーツのみずみずしいアロマ。驚くほどの滑らかな口当たりで、下草やシナモンのような風味がアクセントを添え、余韻にはコリウールの海を思わせるようなフレッシュさが押し寄せます。
【2014】
ワイン・アドヴォケイト 90/100

Collioure Rouge Montagne
コリウール ルージュ モンターニュ

montagne

画像クリックで拡大

グルナッシュ・ノワール30% カリニャン30% クーノワーズ30%
ムールヴェードル10%
バニュルスとコリウールのテロワールの可能性が見事に表現されたワイン。主に大樽、少量のバリックを用い12ヶ月熟成。レクトリーでは、テロワール本来の繊細な風味が損なわれないよう主に古樽で熟成を行います。桑の実の凝縮したアロマに加え、ハーブやスパイス、チョコレートを思わせるようなアロマ。滑らかな質感、しなやかなタンニンは果実味に更なるボリューム感を与えており、ミネラルの塩味と果実味の絶妙のバランス感が存在、コリウールのポテンシャルを大いに感じさせてくれる見事なワインです。
【2011】
ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス 17/20

Vin Doux Naturel Banyuls Thérèse Reig(500ml)
ヴァン ドゥー ナチュレル モーリー バニュルス テレーズ レーグ

therese reig

画像クリックで拡大

グルナッシュ・ノワール90% カリニャン10%
「リマージュ」というバニュルスのタイプの一つにあたり、樽は使用せず、タンクで8ヶ月間熟成させ早く瓶詰めすることで、フルーティーな果実の甘さを最大限表現したもの。収穫も上のレオン・パルセより早摘みにしています。
【2011】
”前ヴィンテージに続き衝撃の一本に認定されたこのキュヴェは曾祖母へのオマージュ。深いガーネット色でカカオやオードヴィー漬けの小さなフルーツ、熟したさくらんぼのようなアロマを持つ。口に含むと、赤い果実のフレッシュさがいっぱいできめ細かなタンニン、完全なまでにバランスが取れていて、エレガント。余韻に充実感をもたらしてくれる"
ギドアシェット2014にて★★★3つ星&衝撃の一本に選出

Vin Doux Naturel Banyuls Cuvée Léon Parcé (500ml)
ヴァン ドゥー ナチュレル モーリー バニュルス レオン パルセ

leon-parce

画像クリックで拡大

グルナッシュ・ノワール90% カリニャン10%
レクトリーの最も素晴らしく、高樹齢の木から造られるバニュルスは祖父レオンに捧げるもの。大樽(新樽ゼロ)で18ヶ月間熟成。このキュヴェに使われるブドウはテレーズ・レーグよりも約1週間遅く収穫。よりしっかりとしたタンニンでありながらも大変きめ細やかで口当たりの滑らかさが顕著に顕れています。赤や黒の凝縮感のあるフルーツ、スパイスやカンゾウなどの奥行きのある風味が口いっぱいに広がり、美しい酸をたたえた爽やかな余韻へと導きます。
【2012】
ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス 17/20
ロバート・パーカー 91/100
ジャンシス・ロビンソン 17.5/20

Languedoc-Roussillon ページに戻る