Domaine de Saint-Ennemond  (Brouilly)

ドメーヌ ド サン テヌモン

Domaine de Saint-Ennemond Domaine de Saint-Ennemond Domaine de Saint-Ennemond

ドメーヌ・ド・サン・テヌモンはクリュ・ボジョレーのひとつ、ブルイィの山の麓のセルシエの村外れにあるドメーヌです。ブルイィに7ha、ボジョレー・ヴィラージュに5ha、ボジョレーに2ha、ムーラン・ア・ヴァンに0.85haの計約15ヘクタールの畑を所有しています。ドメーヌの設立は1976年、ワイン農家の息子として生を受けたクリスチャン・ベルジアが2ヘクタールの畑から始めました。現在は妻のマリー、息子のピエール・ジャンとともに家族経営で伝統的手法に最新技術を調和させた手法でワイン造りを行っています。ドメーヌの目的はただ一つ、環境に十分な配慮をしながらテロワールを反映した高品質なワインを生み出すことです。サン・テヌモンのワインは、全て手摘みで収穫後、ステンレスタンクで醸造され、繊細なテロワールの個性を樽で消し去ってしまうことのないように、ステンレスまたはコンクリートタンクで熟成されます。

一年のほとんどを畑で過ごし、畑仕事にかかわる一切の手間を省かず、ぶどうに愛情を注ぎ、醸造、熟成、ドメーヌでの瓶詰に至るまでの各段階を慎重に進めます。広告や販促などにかかる余分な出費は抑え、ほぼワインに投資しています。そんな彼らのワインは、コンクールでの受賞や専門誌(ギドアシェット、ルヴュ・ドゥ・ヴァン・ド・フランス、ブルゴーニュ・オージュールデュイ等)で取り上げられることもしばしばです。2005年から経営に加わったピエール・ジャンは、レニエで自らのワインを生産し、見事な才能を発揮しはじめています。

自然との共生
栽培は厳格なリュット・レゾネ(減農薬農法)を実践、病気の対策には、厳密に成分を見極めた薬剤を使用しています。また畑には草を生やしておくことで、草が余分な水分を吸収してくれます。そのためドメーヌでは除草剤の使用の必要がありません。また、醸造中そして瓶詰時のSO2の添加量に注意を払い、必要最低限の値にとどめています。また、ドメーヌでは月の満ち欠けに基づき、剪定や瓶詰の時期を決定しています。数年前からは、醸造時に生成された廃水を浄化処理してから流す取り組みも行っています。

Beaujolais-Villages
ボジョレー ヴィラージュ

Beaujolais-Villages

画像クリックで拡大

ガメイ100%
ドメーヌのすぐ隣、南-南東向きの高台にあり、砂礫質に小石が混ざる土壌。樹齢60-65年。マセラシオン・カルボニックにて6-7日間の発酵後、ステンレスまたはコンクリートタンクにて熟成。苺のジャム、すみれの花のチャーミングな香りに溢れ、フランボワーズやブルーベリーのフレッシュなみずみずしい味わい。優しいタンニンといきいきした酸味、親しみやすく可愛らしいワイン。

Brouilly
ブルイィ

brouilly

画像クリックで拡大

ガメイ100%
土壌:南-南東向きの高台と斜面にあり、珪土‐粘土質土壌。表土は小石と砂に覆われています。樹齢60-65年。収穫はすべて手摘み、マセラシオン・カルボニックにて8-12日間の発酵後、ステンレスタンクにて熟成(ミレジムによってはコンクリートタンクを使用)。バラを思わせるフローラルで華やかな香りが主体で、プラム、赤いフルーツ、ほのかなスパイスとミネラルのニュアンスが入り混じります。フランボワーズの味わいが豊かで、中程度の酸と渋みとの質の高い調和は非常にエレガント。

Moulin-à-Vent
ムーラン ア ヴァン

moulin-a-vent

画像クリックで拡大

ガメイ100%
南-南東向きの高台にあり、小石と石英の堆積物が混じりあう浸透性の良い土壌。マンガンの層が継ぎ目のように縫っていて、これがワインに複雑な風味をもたらしています。樹齢70年。収穫はすべて手摘み、マセラシオン・カルボニックにて8-12日間の発酵後、コンクリートタンクにて熟成。 バラの花びらにスパイスの豊かな香りが溶け込み、熟したタンニンと豊潤な構造のムーラン・ア・ヴァン。”ボジョレーの王”の名の通り、コート・ドールの優れた赤ワインにも匹敵するような際立った個性が感じられます。年産475ケース。
【2011】
インターナショナル・ガメイ・コンクール2013 金賞
"このワインは樽というものを知らない-これはテロワールの個性を守るためにあえて樽を使用しないのだと、このヴィニュロンは語っている。表現豊かで、繊細な果実の味わいとスパイスの要素を感じる上品なスタイルが余韻の長さを伴い、成功作と言っていい。” - ブルゴーニュ・オージュールデュイ

Beaujolais ページに戻る