Domaine des Schistes  (Côtes du Roussillon Villages Montagneux)

ドメーヌ デ シスト

Domaine des Schistes Domaine des Schistes Domaine des Schistes

ドメーヌ・デ・シストはルシヨンの北、ラグリ渓谷の小さな村、エスタジェルにあります。この土地のブドウ栽培の歴史は大変古く、紀元前7世紀ごろギリシャ人によって持ち込まれ、ローマ人によって発展しました。北にコルビエール山塊を臨み、東に地中海、そして南にピレネー山脈が連なるこの美しくも荒涼とした土地に55ヘクタールの広大な畑を所有。変化に富んだ土壌から、バラエティに富んだワインを生産し、その功績は特にルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス、ゴー・ミヨで高く評価され、ルシヨンでトップのドメーヌの一つに挙げられています。ブドウ畑は西のモーリーから東のコルビエール山塊の南のトータヴェルまで点在しドメーヌの名前の由来である”シスト(片岩)”の土壌などが占めます。ジャック・シールの先代までは、協同組合へブドウを納めていましたが、1989年ジャックと妻のナディーヌは一大決心をしドメーヌとして自ら栽培から販売、コマーシャルまで全て行う道を選択、1990年がドメーヌの初ヴィンテージとなりました。醸造所はエスタジェルと、トータヴェルのコミューン、Mas de Las Fredasにもあります。ここにはかつて先祖が暮らした14世紀の建物があり彼らはここで宿泊施設も運営しています。現在、5代目に当たり、ニュージーランドのワイナリーで修業を重ねた息子のミカエルが、斬新なアイディアを持ち寄りドメーヌは活気に満ちています。

ルシヨンの気候は暑く乾燥した長い夏、秋と春に訪れる長雨の時季があるものの、年間雨量は通常400から500mmとかなり少量。この土地は、1年を通して風が強く吹き荒れる場所で、「トラモンタンヌ」というピレネーの谷に吹く特有の乾いた風がブドウにつく害虫や病気を吹き飛ばし、また、海から吹く湿り気のある風「マリナード」が、過剰な乾燥から守る手助けとなります。ドメーヌの畑は、コルビエール山塊の地殻変動を繰り返し生まれた斜面に点在し、主にシスト(片岩)が混ざる泥灰土の上にあります。薄い層によって構成されるシストの層の隙間に入り込むように、根が母岩へと深く伸び、ミネラル分や水分を取りこみ、力強くも豊かなアロマと凝縮したフルーツ、滑らかな質感をワインに賦与します。栽培は、自然の声に耳を傾け、そのサイクルを尊重し10年前から化学肥料は使用せず、有機肥料のみを与えます。3年前からは、さらに除草剤も使用しない、永続的なビオロジック農法へと徐々に転換し、毎年その畑を4ヘクタールずつ増やしていっています。同じく3年前から優良な株を選び出し接ぎ木し育成するセレクション・マッサルを導入し、全体的なブドウ樹の質の向上を目指しています。

Côtes du Roussillon Villages Tradition Rouge
コート デュ ルシヨン ヴィラージュ トラディション ルージュ

tradition

画像クリックで拡大

シラー40% カリニャン30% リャドナー・ペルト20% グルナッシュ・ノワール10%
トータヴェルの南向きの丘にあり、シストに富む泥灰土のやや浅い土壌でブドウは育ちます。平均樹齢40年以上。すべての品種を除梗、シラーは21日間、グルナッシュ・ノワールとリャドナー・ペルトは15日間、カリニャンは14日間のマセラシオン、コンクリートタンクで熟成。しっかりと熟した黒い果実の甘みとともに、スパイスやガリーグの風味が豊かに感じられます。

Côtes du Roussillon Villages Tautavel Les Terrasses Rouges
コート デュ ルシヨン ヴィラージュ トータヴェル レ テラス ルージュ

terrasses

画像クリックで拡大

カリニャン42% シラー36% グルナッシュ・ノワール22%
このキュヴェに使用するブドウが育つのは、コルビエール山塊の南の支脈にある褐色シストと崩れ落ちた石灰岩の境目に広がる土壌、通称”La Coume"と呼ばれる場所です。ブドウの成熟にやや時間を要する環境で、トラディション・ルージュよりも日照が少ないため、引き締まったスタイルになります。シラーは樹齢20年、その他は40年以上。徐梗後、15日間のマセラシオン、シラーはバリックで、それ以外はコンクリートタンクでマロラクティック発酵。それぞれの品種を分けて熟成、シラーは500リットルの一年樽にて、それ以外はコンクリートタンクにて。14ヶ月後の12月にブレンドが行われます。
【2012】
ベタンヌ&ドゥソーヴ16/20

Vin Doux Naturel Maury La Cerisaie
ヴァン ドゥー ナチュレル モーリー ラ スリゼ

cerisare

画像クリックで拡大

グルナッシュ・ノワール100%
畑はモーリーの乾燥が強く南向きの丘にある褐色シスト土壌で、ブドウを完熟させるためには非常に適した場所です。樹齢40年以上の、厳選したパーセルの完熟したブドウのみを使用し、果実味をより良い状態に保つためマセラシオンとアルコール発酵は18~20℃、ミュタージュは発酵中のタンクにアルコールを直接加えその後さらに20日間のマセラシオン。5ヶ月間バリックで熟成させ、タンニンを落ち着かせます。

Languedoc-Roussillon ページに戻る