Domaine du Gros’Noré

ドメーヌ デュ グロ ノレ

Domaine Du Gros Nore Domaine Du Gros NoreDomaine Du Gros Nore

バンドールに素晴らしいドメーヌがあると、我々に教えてくれたのはプロヴァンスのとある有名シャトー。それもそのはず、1995年にアラン・パスカルがドメーヌを立ち上げる以前、ピバルノンやドメーヌ・オットというプロヴァンス屈指のドメーヌにブドウを売っていたという経緯がありました。自家消費用にはワインを造っていたものの販売用に造ることはなかったのです。

ピバルノンから1キロほどの場所、ラ・カディエール・ダズュールの丘に粘土石灰質の17ヘクタールの畑を所有し、兄弟の力を借りながらリュット・レゾネで畑仕事を行うアラン・パスカル。もともとボクサーだったという彼、しゃがれた声とがっちりとした体格で一見強面ながらも会話を始めると穏やかでおおらかな空気に包まれます。ここは地中海から数キロの場所にあり温暖で日照量の多い場所。ミストラルが年間を通して吹き付け海からの湿度を吹き飛ばすのです。またここは比較的標高が高く丘にある畑は水はけがよくブドウの栽培には最適で、アランはこの地をエレガンスとフィネスが備わるテロワールだと言います。

平均樹齢は35年、除草も兼ね年に6、7回は畑を耕し土を柔らかい状態に保ちます。腐植土を肥料として使用し、必要であれば銅と硫黄を用いるのみです。
収穫にあたって、アランが大切にしているのはブドウの熟度のみならず実際ブドウを食べてみてまだフレッシュな酸が残っている状態で収穫をすること、毎年10人のメンバーと手摘みで収穫、そして選果台での選別を行いバンドールとしてふさわしい健全なブドウのみを選びます。醸造は極めてシンプルに、添加物は一切加えず天然酵母100%で10%ほど梗を残しステンレスタンクで醸造、この地方の伝統的な熟成用のフードルは約10%が新樽で平均18ヶ月間の熟成を経て無清澄、ノンフィルターで瓶詰めしますが、SO2の量もかなり少ない最低限度にとどめられており、口に含んだ瞬間にインパクトがありながらプロヴァンスの太陽をしっかりと浴びた健全でピュアな果実の風味が花開くように口いっぱいに広がります。

ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス1つ星(3つ星評価)

“早口のアラン・パスカルは彼のドメーヌをこのアペラシオンを代表する大変見事なものに造り上げた。1997年、彼はラ・カディエール・ダズュールにある家族所有による粘土石灰質の10haの畑を再び取り戻したが、この畑はそれまでシャトー・ピバルノンとのフェルマージュであった。彼はこの辺りでは豊かな体格でよく知られていた父オノレ Honoréへのオマージュとしてドメーヌ・デュ・グロ・ノレを立ち上げた。アラン・パスカルは当初、見事な立地にある父から受け継いだ古木を有効に使い最初の数ヴィンテージに渡り成功をおさめた。収量の低いブドウで天然酵母のみ、ノンフィルターで、そしてフードル(大樽)でのゆっくりとした熟成。彼はヴィンテージを重るごとに彼なりのやり方をつかみ、今日素晴らしいワインを造り出すがそれらは力強い一方でとても洗練されている熟成のポテンシャルを持つワインだ。近年の彼ワインの素晴らしい品質と一貫性によって我々は彼に初めて一つ星を賦与することとなった“


ベタンヌ&ドゥソーヴ3つ星(5つ星評価)

ロマサン、そしてピバルノンのもとで教育を受けた後、アラン・パスカル(オノレ(Honoré)の息子、でっぷりと太った体格にちなんでグロ・ノレ(太っちょオノレ)と呼ばれていた)は、ラ・カディエール・ダズュールに16ヘクタールの土地を耕すこととなった。彼は長きに渡り力強い赤ワインを造ることに心血を注いできた。常に品質の向上を目指し、アペラシオンのベストに上り詰めたいという思いで、上品でありながら骨格を失わないワインを造ってきた。このように素晴らしくそして急激に成長するドメーヌはごく僅かであるから、見事な造りのセンスを持つこの生産者に敬意を表したい。

Bandol Rosé
バンドール ロゼ

bandol

画像クリックで拡大

ムールヴェードル50% サンソー35% グルナッシュ15%
平均樹齢20年以上、しっかりとブドウの完熟を待って収穫し厳しく選別します。直接圧搾で造るロゼでステンレスタンクで半年間熟成しリリース、しっかりとした果実感と酒質、爽やかな酸と華やかなアロマ、秀逸なミネラル感は見事なバランスを保っています。
【2014】
ワイン・アドヴォケイト(ジェブ・ダンナック)92/100
”すべてを真っ直ぐなものにしてしまいそうな美しさを持つこのロゼは、火打石を思わせるミネラル、オレンジの皮、タンジェリンオレンジやスイカズラのニュアンスに満ち溢れ、鮮烈な果実感と生き生きした、まとまりの良い酸、タイトでピントの合ったクリーンなフィニッシュが後を引く味わいだ”

Bandol Rouge
バンドール ルージュ

bandol

画像クリックで拡大

ムールヴェードル80% グルナッシュ15% サンソー5%
平均樹齢30年、収穫のほぼ大半を除梗、自然酵母のみ、ステンレスタンクで醸造、2週間の醸造期間の間、一日に2回のルモンタージュを行う。その後18ヶ月間フードルで熟成、その間5、6回の澱引き、ほんのわずかのSO2を添加し、ノンフィルター・ノンコラージュで瓶詰め。

バンドールのアペラシオンが50%以上のムールヴェードルの使用を求めるのに対し、アランは常に80%この品種を使用します。このことで最終的にパワフルな凝縮感をもつワインが生まれるのですが、出来上がるワインはしっかりとこの土地の個性が反映され、深みと奥行き、そして見事なフィネスが常に存在しています。
【2011】
ワイン・アドヴォケイト(ジェブ・ダンナック)94/100
”厚みがあり、凝縮した2011年はブラックベリーやブラックチェリー、土や低灌木のニュアンスがあり、見事なまでにクリアな果実味とノックアウトされるフィニッシュを持つ”

Provence ページに戻る