Domaine Gilles Barge  (Côte-Rôtie)

ドメーヌ ジル バルジュ

Domaine Gilles Barge Domaine Gilles Barge Domaine Gilles Barge

ドメーヌは現在コート・ロティに6ヘクタール、コンドリューに1ヘクタール、サン・ジョセフに1.3ヘクタールの畑を所有しています。バルジュ家では1860年にはワイン造りを始めていましたが、元詰を行うようになったのは1929年、ジュール・バルジュの代になってからのことです。彼の引退後は、息子のピエールが畑の拡大や商品の販路を広げます。ピエールの息子である現当主のジルは農業学校でワイン造りを学び、リヨンのネゴシアンで3年間経験を積んだ後、1979年にこのドメーヌを継承。1994年、後世に残る功績を残したピエールの引退後、すべてのワインがジル・バルジュの名前を冠することとなります。同じくこの年、新たにサン・ジョセフのパーセルを購入、そしてコート・ブリュンそしてコート・ブロンドのに所有する区画をそれぞれ別々で瓶詰し、販売を始めました。ジルのもとドメーヌは見事な成長を遂げ、バルジュはこのアぺラシオンを代表する生産者として認識されるようになり、加えて彼はコート・ロティ生産者協会の会長を務めることとなります。2000年にはコート・ブロンドにある急斜面の区画、”ル・コンバール”を購入、2007年という最高のヴィンテージに初リリースとなりました。同年、カーヴを2倍に拡張し、すべてのタンクを温度管理機能付きの最新設備に切り替えました。熱く、テロワールへの思い入れの深いジルにとって、テロワールと品種がその個性を存分に発揮させることが何よりも重要です。そのため、人工的要素を出来る限り排除、自然な方法で栽培から醸造、瓶詰までの各工程を慎重に進めます。100%手摘みで収穫、新樽を殆ど使用しない伝統的手法でゆっくりと優しく醸造することによって彼の思いの詰まった、心に染みいるようなワインが完成します。

受け継がれる伝統
1860年の創業以来、ドメーヌ・ジル・バルジュでは、祖先から大切に引き継がれてきたワイン造りの伝統が今も活かされています。それは栽培から醸造まで全てに及び、第一にはコート・ロティの各テロワールの個性が如実にワインに表現出来るよう、化学肥料や除草剤を使用せず、出来る限りの時間をブドウ畑で過ごし、ブドウの状態を日々確認、問題があればすぐに対処することです。バルジュではアルコール発酵前のコールド・マセラシオンやピジャージュ、ルモンタージュのような手法は使わず、ステンレスタンク内に引っかけた網のような蓋でゆっくりと果帽を液体に沈め色素やタンニンを優しく抽出、天然酵母のみで醸造します。赤ワインの熟成には600リットル入りの樽を使用し、12~24ヶ月間の熟成中に澱引きを3~4回行うのみで、清澄も濾過もなく瓶詰します。

“ジル・バルジュは、コート・ロティー協会の会長を務め、このアぺラシオンの長年にわたるワイン造りのスタイルを忠実に守っている。彼の伝統的なコート・ロティは尊敬に値する。果梗をほぼ残した状態でワインを造る数少ない生産者の一人で、軽やかなキュヴェ・プレシーに対し、彼はコート・ブリュンの方により高い比率で樽を使用しているようである。このキュヴェ・プレシーは(コート・ブロンドのブドウを主に使用し、少量のヴィオニエをブレンドして造られる)、このアぺラシオンのなかでも飛び抜けてエレガントでアロマティックな表現をもつワインに挙げられる。バルジュはこれをキュヴェ・ド・プレジール(歓びのキュヴェ)と呼んでいる。ワインバイヤー達が彼のスタイルを好むという事実だけでなく、コート・ロティのヴィニュロンが味わいの多様性を与えているということが重要なのである。“ - パーカーズ ワイン バイヤーズガイド第7版

Condrieu La Solarie
コンドリュー ラ ソラリー

la-solarie

画像クリックで拡大

ヴィオニエ100%
コンドリューの村の程近くに花崗岩主体の1.5ヘクタールの土壌を所有。醸造は50%樽(220L)、50%ステンレスタンクにて。発酵と同じ樽で10ヶ月間熟成し瓶詰前にブレンドします。収量は30hl/ha。クラッシックなコンドリュー。完熟したヴィオニエはフレッシュなアプリコットや桃、バルジュのワインに共通して言える、樽の要素が控えめで繊細かつフローラルな香りに満ち溢れています。様々なフルーツの幾層にも重なる豊かで複雑な味わいには、高い将来性が窺えます。 

Côte-Rôtie Cuvée du Plessy
コート ロティ キュヴェ デュ プレシー

plessy

画像クリックで拡大

シラー95% ヴィオニエ5%
1979年にジル・バルジュが購入した、小石と片麻岩主体の4.5ヘクタールの畑。昔のこの土地の所有者がデュプレシー(du Plessy)という名前だったことに由来し、主にコート・ブロンドとその付近のブドウを使用します。このキュヴェは、他2つのコート・ロティの中でも、常に薫り高く非常にエレガントで洗練されており、早いうちから楽しめるスタイルで人気があります。70%除梗、ステンレスタンクでアルコール発酵、600L入りの樽でマロラクティック発酵と24ヶ月間の熟成。
【2010】
ベタンヌ&ドゥソーヴ 15.5/20
“明るいルビー色。カシスやキルシュの香りをまず感じ、ドライフラワー、タバコ、ダークチョコレートのノートが複雑さを与えている。空気感のあるモカのノートを感じさせるダークフルーツの味わいが口いっぱいに広がり、噛みごたえのあるタンニンによって支えられている。強いグリップ、見事に長い余韻とともにタバコとチェリーのノートが絶え間なく続く。もう数年空けるのを待ちたいところでもある。” (ミレジム2007) - インターナショナル・ワイン・セラー

Côte-Rôtie Le Combard
コート ロティ ル コンバール

le combard

画像クリックで拡大

シラー92% ヴィオニエ8%
2007年が初ヴィンテージ。2.5ヘクタールの花崗岩質土壌 コート・ブロンドの丘、アンピュイ村とテューパン・エ・セモン村の境にある、第一次世界大戦から200年以上野放しにされていた急斜面の区画を切り開きシラーを植えました。そのあまりの急こう配のため、2003年にフランスのブドウ畑で初めて、スイス製のモノレールを導入したことでも有名です。70%除梗、ステンレスタンクでアルコール発酵、24ヶ月間樽熟成。
【2010】
デキャンター・ワールド・ワイン・アワード2013 銅賞
ベタンヌ&ドゥソーヴ 17/20
“スパイス、イチゴ、滑らかで凝縮した香り。新樽に支配されておらずピュアな美しさがある。”
ロバート・パーカー 90/100
“厚みがあり、本当に青さのみられないこのコート・ロティー2010のコンバールは、上質なコート・ロティーらしいスモーキーでスパイシーなブラックカラントのフルーツ感を持っている。”

Côte-Rôtie Côte Brune
コート ロティ コート ブリュン

cote brune

画像クリックで拡大

シラー98% ヴィオニエ2%
1950年から所有する1ヘクタールの貴重な畑。ミカシストと呼ばれるコート・ブリュンの特徴的な土壌で酸化鉄を多く含みます。38hl/ha。80%除梗、ステンレスタンクでアルコール発酵、600L入りの樽で24ヶ月間熟成。
【2010】
ロバート パーカー 93/100
濃いルビー・プラム色をしたコート・ロティー・コート・ブリュン2010から、土のニュアンス、ラズベリージャム、肉汁、ブーケガルニや春の花の香りがグラスからあふれ出す。造られるキュヴェの中で一番リッチで余韻が長く、このミディアムーフルボディの素晴らしく、セクシーでクラシックなコート・ロティーは今後10-12年に渡って楽しめるワインだ。

Vallée du Rhône ページに戻る