Domaine Juliette Avril  (Châteauneuf-du-Pape)

ドメーヌ ジュリエット アヴリル

Domaine Juliette Avril Domaine Juliette Avril Domaine Juliette Avril

18世紀にシャトーヌフ・デュ・パープの領主であったアヴリル家を祖先に持ち、長年にわたるブドウ栽培とプロヴァンス地方の伝統が受け継がれるドメーヌ・ジュリエット・アヴリル。祖先のジュール・アヴリルはフレデリック・ミストラル(1830-1914 プロヴァンス生まれの詩人。南仏の文芸復興を目指す団体を結成し、プロヴァンス語で書かれた作品がノーベル文学賞を受賞している)の活躍から1世紀後、プロヴァンス語学校"Majoral du Félibrige"の名誉ある賞"Golden Cicada(金の蝉賞)"を受賞しています。また、シャトーヌフ・デュ・パープがAOCに認定される以前の1928年頃には、ジュリエット・アヴリルの父であるジャン・アヴリルが他の著名な生産者達と共にシャトーヌフ・デュ・パープのワイン生産の基礎を築き、その後のAOC昇格(1936年)へ導いたのです。長き伝統とワイン造りの精神が受け継がれたこのドメーヌ・ジュリエット・アヴリルの後を継いだのは娘のマリー・ルシル・ブリュン、そして2000年からはマリーの息子ステファン・ブリュンが栽培から醸造、コマーシャル全般に渡りドメーヌの運営を担います。ワイン造りの楽しさは何?という質問に彼は「栽培・醸造からコマーシャルまで色々な仕事ができる!」、「畑仕事など自然の中で集中して仕事をこなすのも大好き。毎年同じ条件ではないから、天候やブドウの出来適応し仕事を進めること、これもワイン造りの楽しさの一つだよ。ワインにはネガティヴな所が一切ないんだ!」と見事な回答をくれました。

ドメーヌがシャトーヌフに所有する6つのリュー・ディーは合計22ヘクタール(Les Bourguignons, Les Galimardes, Coteaux de l'Ange, Farguerol, Pied de Baud)。粘土石灰質の土壌を丸い大きな石が覆う北部と、砂質の水はけのよい南部の土壌から構成されています。北部の畑から比較的骨格のしっかりしたワインが出来上がるのに対し、南部からはより繊細でフルーティーなワインが生まれます。周囲には草花が咲き乱れ、生態系の調和が保たれたこの場所に平均50年以上の樹齢を誇るグルナッシュ、シラー、サンソー、ムールヴェードル、ルーサンヌが減農薬農法(Terra Vitis認定)により栽培されています。今シャトーヌフにおいても若い世代がリュット・レゾネやビオに力を注いでいる中、ステファンは「本当の意味で環境に優しいものは何か」を自らに問いかけています。農薬の使用量という表面的なものにとどまらず彼が実行するのはCO2の排出量を減らすこと、そして汚水を浄化して処理することなど多岐に及んでいます。

収穫は通常、南部のガリマルド(10ヘクタール)のシラーとグルナッシュから始まります。これらを北部のものとブレンドすることでジュリエット・アヴリルのバランスの良いシャトーヌフが生まれます。彼はこれを「土壌のブレンド、そして品種のブレンド」と繰り返します。ブドウは手摘みで収穫後、綿密な選別を経て、醸造はステンレスタンクとコンクリートタンクにてゆっくりと進行。彼らのポリシーは、最大限テロワールの特徴を反映すること。そのため必要以上の樽を使用することを避け、純粋な果実の味わいを尊重しています。料理のトレンドも世界的にますます洗練されていくなか、主要な輸出先の一つであるアメリカの顧客もジュリエット・アヴリルの洗練されたスタイルを気に入ってくれているそうです。

Châteauneuf-du-Pape Blanc
シャトーヌフ デュ パープ ブラン

chateauneuf-du-papes-blanc

画像クリックで拡大

グルナッシュ・ブラン ルーサンヌ クレレット ブールブラン
赤ワイン用の品種に先駆け8月末に収穫、除梗しすぐにプレス、18度にコントロールし醸造。果実のフレッシュなアロマと味わいを強調するために、マロラクティック発酵は行いません。白い花のフローラルな香りに加え香るフェンネルやスパイス、フレッシュなアタック、柑橘類やキウイを連想させる果実のふんだんな味わいとのびやかな酸。

Châteauneuf-du-Pape
シャトーヌフ デュ パープ

chateauneuf-du-pape-rouge

画像クリックで拡大

グルナッシュ・ノワール70% シラー20% ムールヴェードル10%
Farguerol Sud, Gallimardes, Côte de l’Ange のリュー・ディ。一部除梗、ステンレスタンクで2週間の醸造後、10%は600リットル入りの大樽、90%はステンレスタンクで8ヶ月間熟成。ガリーグ(南仏特有の低灌木)の香りやフレッシュな赤いベリーの華やかな香りの第一印象。プラムやブラックチェリーなどの果実の豊かな甘さと心地よい酸味、程よく溶け込んだタンニンやスパイス、タイムの風味が口いっぱいに広がり、シャトーヌフらしい強さの中にも、柔らかさやエレガンスを感じることが出来ます。
【2012】
デキャンター・ワールド・ワイン・アワード2014 銅賞
ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス15.5/20
“グルナッシュの熟した見事な香りがあり、とてもクラシックなアロマの表現。甘く、ブラッドオレンジの上品なノートがある。美しいテクスチュアと喉の渇きを癒す快活さがある。上品で優美、力強さよりも繊細なワインを好む愛好家のためのワインだ”

Châteauneuf-du-Pape Cuvée Maxence
シャトーヌフ デュ パープ キュヴェ マクサンス

maxence

画像クリックで拡大

グルナッシュ・ノワール100%
ジュリエット・アヴリルのスペシャル・キュヴェ。北部の石の転がる畑(Farguerolのリュー・ディー)で栽培された樹齢100年を超える貴重なグルナッシュ・ノワールを100%使用。シャトーヌフは13種類の品種の使用が許されていますが、このキュヴェにはクラシックなスタイルを追い求めアペラシオンの伝統品種であるグルナッシュをのみを使います。収穫後、厳しい選別を経てステンレスタンクでの発酵、12ヶ月間の600リットル入りの樽での熟成を経て、軽くフィルターにかけ瓶詰め。果実の凝縮感と柔らかな渋み、シルクのような滑らかな口当たりと長い余韻。
【2011】
ワイン・スペクテイター90/100
ワイン・アドヴォケイト87/100

Vallée du Rhône ページに戻る