Domaine Philippe Delesvaux  (Coteaux du Layon)

ドメーヌ フィリップ ドゥレヴォー

Domaine Philippe Delesvaux Domaine Philippe Delesvaux Domaine Philippe Delesvaux

素晴らしいロワールワインの生産者として、多くの尊敬と期待を浴びる生産者となったフィリップ・ドゥレヴォーですが、もともとパリジャンでワイン造りと関わりのない家の出身。そんな彼が農業に目覚め、経験を積むべくアンジューの農家で家畜の世話や穀物の栽培だけではなくブドウ栽培にも触れた事がきっかけとなり、1978年からアンジューでワイン造りを始めます。1983年にやっと彼自身の畑を手に入れますが、初ヴィンテージはほとんど失敗に終わりました。しかしながら1990年台後半になると彼の優れたコト―・デュ・レイヨンの噂はじわじわと広まり、長年の努力が報われる時がやってくるのです。1997年からは忙しくなってきたフィリップを支えるため、最愛の妻カトリーヌが長年の教職を辞し、彼と共に働きはじめます。一続きに連なる11ヘクタールの畑からは、鮮烈なミネラル感を放つ強い個性を備えたアンジューの白、青さを見事に感じさせないアンジューの赤、そして3種類のコトー・デュ・レイヨンが造られます。土地とブドウ畑、そしてワインを敬う彼らは、2005年からビオディナミを取り入れ、栽培から醸造まで自然がもつ本来の力を尊重しワインを造ります。天然酵母のみで醸造、85年以来シャプタリザシオン(補糖)を一切せず、ヴィンテージの特徴がはっきりと出た、果実の自然な甘さが感じられるワインが生まれます。

2人は昔アスリート選手で、強靭な精神力でもってワイン造りを独学で学んできました。一見おだやかでおっとりとした2人ですが、心の中には高いプライドと競争心を秘めています。満足できないキュヴェは破棄、外へ売ることすらありません(98年は生産量の3分の2を破棄)。ただでさえ生産量の少ない彼らのワイン、特にコト―・デュ・レイヨンはリリースしてもすぐに売り切れてしまい、かなり入手が難しくなっていますが、安易な値上げに踏み切ることもなく、より多くの人に彼らのワインを飲んでもらいたいと話します。

Anjou Blanc Feuille d'Or
アンジュー ブラン フイユ ドール

feuille d'or

画像クリックで拡大

シュナン・ブラン100%
南向きのフイユ・ドールという名の区画で石炭を含むシスト土壌。平均樹齢15年で年間3,000本のみ生産。しっかりと熟したブドウと、パスリヤージュ(収穫したブドウを天日に干し糖分を凝縮させる)したブドウを使用。醸造に1年樽を使用し、2~5年樽で1年間熟成。樽はボルドーと同じバリックを使用。繊細で爽やか、木の葉や白いフルーツの清涼感を香りに感じ、薬草やスパイスをまとった林檎のニュアンスとともに強いミネラルの風味が印象的で個性豊かなシュナン・ブラン。
【2012】
ベタンヌ&ドゥソーヴ 15.5/20

Anjou Rouge Le Roc
アンジュー ルージュ ル ロック

le roc

画像クリックで拡大

カベルネ・フラン100%
南‐南東向き、礫岩と石炭を含むシストで構成された土壌。平均樹齢は20年。フレッシュな香りを引き出すための低温マセラシオンの後、ステンレスタンクで25度までにコントロールし醸造、優しくピジャージュを行います。マロラクティック発酵の後ステンレスタンクで6か月間熟成。無清澄・ノンフィルターで瓶詰。見事に青さを感じさせない、滑らかな果実感を伴う大変心地よい飲み口。

Anjou Rouge La Montée de L'Epine
アンジュー ルージュ ラ モンテ ド レピヌ

la-Montee-de-l'Epine

画像クリックで拡大

カベルネ・ソーヴィニョン100%
石炭を含むシストと火山灰で構成された南向きの土壌。平均樹齢は40年。年間3,000本生産。ステンレスタンクで25度までにコントロールし、ゆっくりと醸造、ルモンタージュとピジャージュを行う。マロラクティック発酵の後ステンレスタンクで6か月間熟成。無清澄・ノンフィルターで瓶詰。若々しく、ブドウの持つパワーをしっかりと感じ、フランボワーズ、すみれの花、スパイスなど香り豊か。ロワールらしく素朴な温かみのあるカベルネです。

Coteaux du Layon Saint Aubin Passerillé
コトー デュ レイヨン サン トーバン パスリエ

passerille

画像クリックで拡大

シュナン・ブラン100%
礫岩と石炭を含むシスト土壌の南西向きの畑で、平均樹齢20年。年間4,000本生産。収穫後パスリヤージュを行い糖分を凝縮させ、ゆっくりと優しくプレス、15℃で醸造、6ヶ月間タンクで熟成。美しく輝きのある黄金を帯びた麦わら色で、洋ナシやアプリコット、アカシアの蜂蜜、マルメロの表現豊かで複雑な香り。凝縮した果実の甘さの中に感じる繊細なミネラル、みずみずしい酸が素晴らしいハーモニーとなってハーブの清々しいニュアンスを伴う、心地よい後味へと導きます。

Coteaux du Layon Saint Aubin Les Clos (500ML
コト― デュ レイヨン サン トーバン レ クロ

les clos

画像クリックで拡大

シュナン・ブラン100%
このレイヨンはパスリエ(遅摘み50%)+ ボトリティス50%のブドウを使用します。半年間15℃で醸造、熟成は1~2年樽(バリック)で半年熟成。残糖130g/L。カリンのコンポートやパイナップルのフレーヴァーがあり、しっかりとした粘性。豊かな凝縮感の強い風味は中盤から伸びのある酸によってバランスがとられており、ドゥレヴォーらしい快活さのある甘口。余韻にはコンポートのフレーヴァーが押し寄せます。
【2011】
ベタンヌ&ドゥソーヴ 16/20

Val de Loire ページに戻る