Domaine Rollin   (Pernand-Vergelesses)

ペルナン・ヴェルジュレス

Domaine RollinDomaine francoise et denis clairDomaine francoise et denis clair

栽培労働者のエスプリを受け継ぐ真摯な心優しい一家

たった数時間の訪問だけでも、伝統を受け継ぐ家族の愛、ペルナン・ヴェルジュレスの村やテロワールに対する深い敬意を強く感じたドメーヌが、ロランです。その想いはレミと息子のシモン・ロランが造り出すワインにもしっかりと感じ取ることができました。一日中テイスティングを続け疲れ切った舌であっても、その透明感のある滑らかで清らかなワインは私たちの感覚を呼び覚ましてくれたのです。2014年の訪問時、2013年の花ぶるいと雹害による収穫量の少なさにとても残念そうな表情を隠しきれなかったレミですが、2016年、またしても霜害とベト病による被害に悩まされていました。              
今や世界中に取引先を持つロランですが、もともとペルナン・ベルジュレスではなく他の村の出身で、畑を所有しない栽培労働者でした。レモン・ロランが僅かな元金を手に購入した畑のひとつが、ペルナン・ヴェルジュレス一級のイル・デ・ヴェルジュレスのような現在は大変高額の畑を含む、ドメーヌの財産というにふさわしい畑です。息子のモリスが1955年、一部瓶詰めを始め妻とともに今日の顧客の基礎を造ると同時に借地での栽培をスタート、また意欲的に新しい畑も購入していきました。1976年、レミがドメーヌに参画し父と共に畑を拡大、1980年代の初めには約10haにまでなりました。現在14ヘクタール、ペルナンに点在する小さな区画に加えコルトン・シャルルマーニュ、アロース・コルトンにも数区画所有し、醸造から熟成まで1990年代に造られたカーヴで行います。
最大42%という斜度の高い丘が多いペルナン・ヴェルジュレスの地形を利用し母岩をわざと見せるように造られた美しいカーヴ(写真)は大変きれいに手入れされ、ラベルに見られる手作りのCabotte(石を積み上げた小屋)が可愛らしく飾られています。ロランのワインは畑仕事から醸造、熟成に至るまで丹念な仕事の積み重ねにより完成しますが、ワイン造りの哲学はあくまでも自然に任せ人の介入を減らすこと。ビオロジック認定はありませんが、厳格なリュット・レゾネ(減農薬栽培)に与えられる認証テラ・ヴィティスを2015年に取得、良いブドウを収穫するため畑仕事に多くの時間を費やします。シャルドネは収穫後ゆっくりと時間をかけプレス、自然酵母のみでゆっくりと一次発酵を樽の中で経たのち12~14か月間熟成、軽くフィルターにかけ瓶詰めします。ピノ・ノワールはプレス前に畑とカーヴで2度選別、5~6日間の低温浸漬の後2~3週間時間をかけて発酵、抽出度合はヴィンテージにより調整します。白同様12~14ヶ月の間樽熟成させ、ノンフィルター、無清澄で瓶詰めします。雹や花ぶるいにより近年生産量は激減、ベト病の被害も重なり2016年はブドウの房がほとんど見られない畑もあります。そんな中でもやっと分けてもらえたワインが今回入荷した3つです。著名なブルゴーニュの高騰が止まらないなか、ロランのワインを選ぶ意味は一度飲んでいただければ大いに感じて頂けることでしょう。
---------------------------------------------------------------

---プレス情報---

【ブルゴーニュ・オージュールデュイ】

★父のレミと共に働くシモン・ロランは14ヘクタールの家族経営のドメーヌを運営している、畑の4分の3はペルナン・ヴェルジュレスにあり残りはサヴィニー・レ・ボーヌ、ショレイ・レ・ボーヌ、アロース・コルトン、そしてオート・コート・ド・ボーヌに広がっている。「我々は畑仕事に沢山の時間を費やしている、畑の耕起や芽かき、除葉、そしてこまめな土壌の分析を行う」とシモン。白ワインは樽で醸造し赤は除梗、重力でタンクに入れ破砕せずピジャージュはごく僅か、フィルターにかけず瓶詰めを行う。おかげで果実感とタンニンのフィネス豊かなワインになる。「昔よりも古めかしさが無くなって、赤は大変な進歩を遂げた」とシモン・ロラン。2010、2011、2012年と続いた収穫減により在庫が減ってしまい、ドメーヌではもう売るワインがない。

Pernand-Vergelesses Blanc
ペルナン ヴェルジュレス ブラン

画像クリックで拡大

シャルドネ100%
ペルナン・ヴェルジュレスの村を囲うように点在する5~6区画のブレンド。斜度の強い畑が多いため表土が薄い石灰分の多めの粘土石灰質土壌。ミネラル感がしっかりと備わります。樽で一次発酵(10%新樽)しますが容量228リットルだけでなく400リットルを併せて使用します。こうすることでワインに余分な樽の風味が付きすぎることがなく、よりフレッシュ感豊かなワインになります。アプリコット、アカシア、サンザシのフローラルな香り、滑らかで柔らかな果肉の心地よい口当たりで美しい酸と豊かなミネラル感が一体となっています。2014年は豊かな骨格とミネラルの緊張感のバランス感が見事にとれています。

Pernand-Vergelesses 1er Cru Les Fichots
ペルナン ヴェルジュレス プルミエ クリュ レ フィショ

画像クリックで拡大

ピノ・ノワール100%
名畑イル・デ・ヴェルジュレスのすぐ下、コルトン・シャルルマーニュの西向き斜面を望むレ・フィショは東向きの比較的平坦な畑で鉄を含んだ赤みを帯びた粘土の多い土壌。早熟な畑でしっかりとした良く熟したフルーツ感、タンニンの豊かさが特徴ですがペルナン・ヴェルジュレスらしいクリアな果実感が大変心地よいワインです。畑の4分の1は1945年に植樹されたものでワインに深みを与えます。30%新樽で12~14ヶ月熟成、イチゴのチャーミングな香り、良く熟したフランボワーズとかすかなスパイスのニュアンス。丸く豊満な果実感、全体をミネラル感が引き締めます。

Aloxe-Corton
アロース コルトン

画像クリックで拡大

ピノ・ノワール100%
ロランのアロース・コルトンのとてもユニークな点は粘土石灰質のLes Boutières1957、Les Caillettes1959という高樹齢の木に加え、赤褐色の粘土に石灰が混ざる土壌の1級畑Les Guérets(1978年植樹)のピノ・ノワールを40%ブレンドしている点です。このおかげでフルーツ感が豊かなのに大変深みが表現されています。ペルナンの上品さとはまた異なりカネルやトリュフを思わせるアロース・コルトンらしい厚みのある果実感と樹齢による豊かな複雑味と長く引き締まった余韻です。

Bourgogne ページに戻る