Maison Antech  (Limoux)

メゾン アンテッシュ

Maison Antech Maison Antech Maison Antech

メゾン・アンテッシュはラングドック地方の西の外れ、カーニバルで有名なリムーの街の中心にあります。ティセール・リムジー家によって創業したこのメゾンは、1900年代のはじめ、ウジェニー・リムジーが女性としては初めてラングドックでワイナリーの運営を担い、ブドウの品質向上に力を注ぎました。長い間スティルワインを生産していましたが、1931年にエドモンド・アンテッシュがウジェニーの姪にあたるマルグリットとの結婚を期に経営に参加するようになってから、スパークリングワインの生産にシフトしていきます。エドモンド・アンテッシュの息子ジョルジュとロジェが、新しいセラーの建設や畑の整備、マーケティングに取り組んだことでメゾンはさらなる発展を遂げます。そして今このメゾンの6代目を担うのが、フランソワーズ・アンテッシュです。彼女はパリの国際企業で約10年間のキャリアを積んだ後、生まれ育ったリムーへ戻ります。パリで培った幅広い視点でメゾンの歴史と将来像を見つめ直し、1996年より社長の座を父ジョルジュから譲り受けフランソワーズ・アンテッシュはメゾンの改革に取りかかります。

アンテッシュは現在、家族経営の企業としては大規模と言える年間930,000本の生産量を誇り、その内訳はブランケット・ド・リムーが74%、クレマン・ド・リムーが20%、ブランケット・メトード・アンセストラルが6%です。ブドウは、長い契約関係にある30人の栽培農家から買い付けたものと、サンティレールにある60ヘクタールにも及ぶ自社畑のものを使用しています。栽培にあたっては厳格なリュット・レゾネ(減農薬農法)が用いられ、契約農家に対しても厳しい管理体制を敷いています。栽培から醸造まで、各ブドウ品種、そしてブドウが育ったテロワールが本来所有する個性を生かすために、アンテッシュは極めてシンプルな方法を採用しています。丁寧に手摘みされたブドウは、果実が無傷の状態で直ちに優しく空気圧搾され、マストはステンレスタンクで7~8度に冷やされます。15日から21日間の醸造を経て造られたベースワインは12月にブレンドされ、ティラージュを行った後、デゴルジュマンまで最低18ヶ月間熟成させます。(ブランケット・ド・リムーの法定熟成期間は最低9ヵ月間、クレマン・ド・リムーは最低12ヶ月間と定められていますが、アンテッシュではより落ち着きのある味わいを求めて、最低18ヶ月の瓶内澱熟成の期間を設けています。また、糖分の添加にはビーツ(砂糖大根)やさとうきびが原料となる場合が多いのですが、アンテッシュではよりコストがかかるものの、ブドウ本来の甘味に近い成分を使いたいという意向から、ブドウ濃縮果汁を使用します)

フランソワーズは、社会的責任を負う一企業としての活動にも力を入れています。2008年にはラングドック・ルシヨンで農業に携わる企業に対する「永続的発展と向上の憲章」に調印、環境に配慮した栽培はもちろんのこと、廃棄物のリサイクル、省エネにもこれまで以上に取り組んでいます。また、地域の経済活性化のための活動やワイン生産地としてのリムーのプロモーション活動も積極的に発案、実行するエネルギッシュな女性企業家です。

リムーの4つのテロワール
リムーは南フランス・ラングドック地方の古都カルカッソンヌの南西に位置します。畑は標高200~600mに位置し、地中海と大西洋、ピレネーの影響を受け、変化に富む地域で、古くからワインの産地として知られてきました。 現在はその独自の微気候と土壌によって4つのテロワールに分けられています。

Terroir Méditeranéen /Terroir Océanique /Terroir Haute-Vallée /Terroir d'Autan

フランソワーズによれば、この4つのテロワールの多様性のブレンドによってアンテッシュのワインが生み出されると言います。オート・ヴァレが上質な酸を表現し、オータンとオセアニックが酒質を豊かにし、メディテラネアンが豊かなアロマをもたらすと彼女は強調しています。

Blanquette de Limoux Cuvée Françoise
ブランケット ド リムー キュヴェ フランソワーズ

blanqette

画像クリックで拡大

モーザック90% シャルドネ5% シュナン・ブラン5%
キュヴェ・フランソワーズと名づけられた、スペシャル・キュヴェ。きめ細かな泡立ち、白い花のフローラルな香り、リンゴや柑橘類などの爽やかなアロマ。弾けるような泡のアタック、丸みを帯びた優しい果実と、切れの良い酸の調和のとれた味わい。モーザック特有のスパイシーさも見え隠れします。
サクラアワード2016金賞

Blanquette de Limoux Brut Nature
ブランケット ド リムー ブリュット ナチュール

blanqette

画像クリックで拡大

モーザック90% シャルドネ5% シュナン・ブラン5%
フランソワーズ・アンテッシュがリムーで初めて手掛けたブランケットのドザージュ・ゼロ、ブリュット・ナチュール。シャンパーニュのブリュット・ナチュールと比較してみるとモーザックの柔らかさが際立ち酸も穏やか、フランスのソムリエに大人気です。目指したのはピュアでストレートな味わい。選りすぐりのモーザックのみがこのブリュット・ナチュールになります。
ラングドックのグラン・ヴァンコンクール2013、2015最優秀賞

Crémant de Limoux Rosé Cuvée Alliance
クレマン ド リムー ロゼ キュヴェ アリアンス

cramant rose

画像クリックで拡大

シャルドネ66% シュナン・ブラン20%  モーザック10% ピノ・ノワール4%
淡いサーモン・ピンク色。チェリーやストロベリーのやや甘く落ち着いた上品な香りの中に、ほのかに感じる白い花の繊細なニュアンスがあります。きめ細かい泡が心地よく、クリーンな口当たり。フレッシュなイチゴとクリームを口に含んだような果実味とまろやかさ、伸びやかで切れの良い酸味。

Languedoc-Roussillon ページに戻る