Maison Bougrier  (Val de Loire)

メゾン ブーグリエ

Maison Bougrier Maison Bougrier Maison Bougrier

ブーグリエ社は1885年より5世代続くロワールを代表するワインメーカーです。創業以来130年以上の歴史を持ちこの地方を代表する企業ですが未だ家族経営を貫き、常に人と環境に優しい経営を行うという方針の下、5代目のノエル・ブーグリエが6代目のニコラとともに指揮を執ります。ロワールには大規模な瓶詰め業者がいくつか存在するなか、ブーグリエはアペラシオンごとの特徴が最大限表現され、ロワールらしいフレッシュ感を持ち、かつ品質の高いワインを生み出すべく日々取り組んでおり、ヨーロッパやアメリカをはじめ世界中に多くの顧客を抱えています。
1885年に設立されたトゥーレーヌのドメーヌ・ゲノーがブーグリエ家のもともとの起源です。現在はトゥーレーヌに3つのドメーヌを所有し、畑の総面積は85ヘクタール以上にもなります。これらの自社所有の畑から造り出すワインに加え合計約800ヘクタールに及ぶ農家と契約を結んでおり、ネゴシアン兼ワイン生産者として幅広く認知されるブーグリエ社。1995年からは主要な生産地であるトゥーレーヌ、アンジュー、ミュスカデの3つの地区に拠点を置き醸造から瓶詰めまで行い多くの商品を様々な客層に提供するほか、小規模な生産者のワインの輸出を請け負っています。

ブーグリエによる瓶詰めワイン

Vin de France Pinot Noir 2014
ヴァン ド フランス ピノ ノワール

touraine

画像クリックで拡大

ピノ・ノワール100%
ブーグリエがセレクションしたロワールの選りすぐりのピノ・ノワールは、ステンレスタンクに加え樽を20%使用し熟成させました。品種らしい軽やかでチャーミングな赤いフルーツの生き生きとした香り。丸みのある口当たりが大変心地よく、ほのかなスパイスの風味がアクセントを添えています。ロワールのピノらしい清涼感ときめ細やかなタンニンです。

Touraine Sauvignon Grande Réserve
トゥーレーヌ ソーヴィニョン グランド レゼルヴ

touraine rouge

画像クリックで拡大

ソーヴィニョン・ブラン100%
1995年、ノエル・ブーグリエはバラエティに富んだロワールのAOCとそれぞれの品種の特徴を表現したワインを製造し、かつ安定した品質を提供すべく、年間20,000hl以上の醸造が可能なカーヴ・ド・ラ・トゥーランジェルをトゥーレーヌのサン・ジョルジュ・シュール・シェールに新設。当初からフランク・シャテランが全ての運営を任されており、2014年からは新たに醸造家のマルレーヌ・ブルーシュを迎えました。シュノンソー城の程近くに広がる畑でブドウの平均樹齢は30年。パッションフルーツ、白スグリ、ミネラル、草木類などの香りが豊かで、グレープフルーツの豊かな果実味と心地よい苦味が残ります。

Famille Bougrier

Vin de Pays du Val de Loire Chardonnay
ヴァン ド ペイ デュ ヴァル ド ロワール シャルドネ

val-de-loire-chardonnay

画像クリックで拡大

シャルドネ100%
トゥーレーヌの中心のロワール河の支流、シェール川沿いのフランスの庭と称される美しい土地でこのワインは作られます。金色がかった淡い黄色。バターや炒ったアーモンド、ナッツの香ばしい香り。フルーティーでふくよか、しっかりとしたコクがありコストパフォーマンスに優れたシャルドネです。

Pouilly-Fumé Les Champs de Cris
プイィ フュメ レ シャン ド クリ

pouilly-fume

画像クリックで拡大

ソーヴィニョン・ブラン100%
プイイ・フュメの中でももっとも標高が高いサン・タンドランの美しい丘のほど近く、栽培農家が集まる美しい小さな村レ・ロージュの村のリュー・ディである“les Champs de Cris”から収穫されたブドウを使用。畑は粘土珪土質の土壌10ヘクタールに広がり平均樹齢は40年。ほのかに香るムスクの香りと、石灰質土壌のミネラル分に由来するフュメ(薫香)の香り。リンゴや蜂蜜に漬けたレモン、シナモンのようなスパイスの風味もあります。繊細できれいな酸味が印象的です。

ドメーヌ元詰ワイン

Château du Jaunay
シャトー・デュ・ジョネはミュスカデの中心地ランドロー地区にあり、ジャン・ポールとエルヴェ兄弟が運営しています。11ヘクタールの高台に広がる畑は砂と泥土に覆われ、片麻岩も混ざる土壌で比較的ブドウが早く成熟しやすく、ほど近くのグレーヌの沼地から発生する霧は霜からブドウを保護するという理想的なミクロクリマに恵まれています。通常9月中旬に収穫をスタートしますが、暑い年には8月に始まることもあるほどです。

Muscadet Sèvre et Maine Sur Lie
ミュスカデ セーヴル エ メーヌ シュール リー

muscadet

画像クリックで拡大

ミュスカデ100%
黄色いリンゴや白い花などの若々しく清涼感あふれる上品な香りと味わい。ミネラルの心地よい風味とシュール・リーに由来するふくよかなコクと旨み、凝縮された果実味と爽やかな酸があります。

Domaine des Clos Maurice
ソーミュール町の境界に位置する ヴェランに、アルドゥーアン家が所有するドメーヌ・デ・クロ・モーリスはあります。18ヘクタールの粘土石灰質の土壌にカベルネ・フランが植えられ、ブドウ畑を囲む石壁が太陽熱を保持し、西風からブドウ畑を守り、栽培に最適な環境が備わっています。1997年にミシェル・アルドゥーアンが父の代から受け継いだ畑を、自然な形で環境に配慮し守っています。現在ビオロジックにて栽培、2015ヴィンテージからは正式にビオロジックに認証されています。

Saumur-Champigny
ソーミュール シャンピニー

saumur

画像クリックで拡大

カベルネ・フラン100%
ソーミュール地区は海洋性気候で温暖な冬に恵まれ、年間を通して日照時間が多いため、ブドウの成熟に適しています。また、縦横に流れるロワール河とその支流がミクロクリマを生みだし最高のワインを産します。美しい色調の強いルビー色。フランボワーズと木イチゴの豊かな香り。後味にはすみれ花の長い余韻が持続します。

Domaine Millet
ドメーヌ・ミエはサンセールのはずれ、丘陵地に囲まれた南西地区のBué(ビュエ)の村に20ヘクタールのブドウ畑を所有し、赤、白、ロゼワインを生産しています。ビュエの村はサンセールの中でもブドウ栽培の長い歴史を持つドメーヌです。ここで生産される80%を占める白ワインは、丸みを帯びた、たっぷりとした果実味が特徴で、みずみずしく余韻の長いワインになります。赤ワインは、タンニン分に富み、ピノ・ノワールの個性が存分に感じられ、熟成にも耐えうる肉付きの良いワインが生み出されています。

Sancerre Blanc
サンセール ブラン

sancerre-blanc

画像クリックで拡大

ソーヴィニョン・ブラン100%
熟したりんご、白桃、セルフィーユ、レモングラス、ミネラル。ハーブ香が特徴のフレッシュな印象。上品な果実味を感じ、しっかりとしたさわやかな酸と心地よいコクのある苦味が残ります。マロラクティック発酵は行わず、フレッシュさが際立っています。

Domaine de la Semellerie
ドメーヌはクラヴァン・レ・コトーの村に40ヘクタールの畑を所有。陽が良く当たる南向きの斜面の上部に位置し、たくさんの小石が転がる珪土、粘土質の土壌は温められ、夜間もブドウが良く熟する素晴らしい場所にあります。オーナーのドゥラランド氏は伝統的手法に近代的手法も取り入れています。

Chinon
シノン

chinon

画像クリックで拡大

カベルネ・フラン100%
カシス、ブルーベリーなどのいきいきしたフルーツの芳醇な香り。ブーケガルニなどを連想させるハーブのアロマ。ミディアムボディの優しい味わいで、ミネラル分、タンニンがまろやかに溶け込んでいます。

Domaine Toussaint
ヴーヴレはブレンヌの谷を見下ろす高台に広がっています。畑は南を向き北風から守られる、ワイン栽培に適したミクロクリマ(微小気候)に恵まれています。土壌は粘土石灰質土壌の上に、石や砂礫が堆積しており、ワインにボディと特有の香り高い繊細なアロマを与えています。

Vouvray
ヴーヴレ

vouvray

画像クリックで拡大

シュナン・ブラン100%
若きヴィニュロンのトゥーサン氏の造り出すワインは、彼の印象同様にフレッシュで快活なヴーヴレです。

Val de Loire ページに戻る