Offres d'emplois
求人情報

Facebookをフォロー

Vigneron de l'année - Jean Baptiste Ponsot à Rully
2017年注目の造り手
リュリーのカリスマ的ヴィニュロン
ジャン・バティスト・ポンソ

コート・ドールでの霜害や雹害は大きく伝えられますが、南のコート・シャロネーズでも雹害や霜害は起きています。2016年、畑によっては霜で100%損失してしまったリュリーのドメーヌ・ジャン・バティスト・ポンソもそのうちのひとつ。自然による被害は生産者の生活を一変させてしまうと言いながらも大幅な値上げに踏み切ることはありません。その代りに彼が理想とする設備にまだ十分な投資ができないのも現状ですが真摯にコツコツとワイン造りに取り組みます。今から60年以上前、祖父の時代に始まったドメーヌはジャン・バティストが2000年から100%ドメーヌ元詰をスタート、その時からリュリーを代表するジャクソンのようなドメーヌをイメージしながら情熱的にワインを造ってきました。情熱だけでなく頭が切れる完璧主義者の彼は、優れた醸造家でもありテイスティング能力にも長けていて、投資ができなくとも品質を保つため何がベストかを常に考えます。例えば機械での収穫。収穫前に畑を回り腐敗果を全て取り除き機械で一気に収穫しすぐに醸造へ。品質には手収穫となんら変わりもなく、収穫人を雇う手間とコストを削減できるメリットがあります。 暑く日照の強いヴィンテージだった2015年は白と赤のプレスティージュ・キュヴェを1樽ずつのみ醸造、ピュリニーを思わせるミネラリーで豊かなシャルドネとコート・ロティを思わせるややスパイシーなフレッシュ感を持つワインを造りました。しかしながら「いい年だったから造っただけで、このワインに集中するつもりはない」とジャン・バティスト。あくまでも通常のワインに今後も力を注ぎます。凝縮度が高い2015年は新樽比率をやや高めにしましたが今でも十分バランス感良くまとまっています。                                   2016年夏、私たちがモレムの畑を訪れると驚くべき光景がありました。畑には切り落とされた沢山のブドウの房が・・・彼は高品質なワインを生むのに欠かせないグリーンハーベストをコツコツと行っていました。生産量が減った年、生産者によっては財政的な理由から他の畑の収穫量を増やすところも少なくありません。畑全体での収量を考えるのではなく畑ごとに対応するという、品質重視の姿勢をここにも垣間見ることができました。コート・ドールの価格高騰を受けフランス国内でもマイナー・アペラシオンへの期待が高まっています。その中でもポンソのワインは “valeur sûre” 「はずれのないワイン」として高い信頼を獲得しています。
商品のページへ

インポーターのディス・エクスポール ジャポン トップページ

Nouvelles / News

その土地をこよなく愛する生産者の熱い思いを大切に「de la vigne au verre...」(ブドウ畑からワインがグラスに注がれるまで)私たちは皆様にお伝えしていきます。
【お知らせ】ゴールデンウィーク期間中の営業につきまして:
カレンダー通り営業いたしております。5月1日(月)、2日(火)は通常通り営業いたします。
 
2017.4.17 人気沸騰中!オー・メドック、シャトー・デュ・ルトゥのワイン
2017.3.15 新ヴィンテージ2014!ドメーヌ・ローヴのリースリング・オステンベルグ
2017.3.1 3月のおすすめは冷涼気候ワインのドメーヌ・ドゥレヴォー!
2017.2.1 2月の新商品、サントーバン・プルミエ・クリュとサンセール!
2017.2.1 春の試飲会3/13(月)開催します(ホテル・飲食店ご関係者限定)
2017.1.13 1月の新商品はムルソー&ペルナン・ヴェルジュレス!
2017.1.5 Meilleurs Voeux! - 本年もどうぞよろしくお願いいたします
2016.11.29 新商品!待望のシャトー・ド・フレイのシャブリ&シャブリ・プルミエ・クリュ・ル・モン・ド・ミリュー
2016.11.10 ダニエル・クロシェのサンセール・ルージュが仏専門誌で表紙を飾りました!
2016.10.3 祝!ピック・サン・ルーが単独アペラシオンに認定!
【求人情報】
ディス・エクスポールでは営業職の求人を行っています。フランスワインの営業経験がおありで、幅広い視野をお持ちの方のご応募をお待ちしております。履歴書と職務経歴書に志望動機を添え、ご送付ください。